日経Gooday TOP  > からだケア  > Gooday 通信  > バレンタインに要チェック! チョコの健康効果  > 3ページ目

Gooday 通信

バレンタインに要チェック! チョコの健康効果

心血管疾患から腸内フローラまで幅広い効果、ただし食べ過ぎには注意

 Gooday編集部

低糖質チョコレートも続々登場中!

 ここ1、2年、糖質制限(ローカーボ)が大ブームになっています。ダイエットや健康上の理由から糖質制限をしている人は少なくないでしょう。

 さまざまなジャンルで低糖質の商品が登場する中、低糖質チョコレートも多く商品化されています。「太るからといって甘いものをあきらめる」のはもう昔の話! おいしさと低糖質を両立させたチョコレートにも目を向けてみましょう。

 下の記事では、ネットでも買える低糖質チョコレートを6製品紹介しています。糖質量を84%もカットした商品もあります。

糖質制限中の人も喜ぶ ネットでも買える低糖質チョコ

チョコの食べ過ぎは、カフェインのとり過ぎにつながる?

チョコレートにもカフェインが含まれている。(©serezniy -123rf)

 カフェインというと、コーヒー、お茶、栄養ドリンクなどに多いという印象がありますが、チョコレートにも含まれています。

 欧州食品安全機関(EFSA)によると、健康な成人が摂取しても安全とみなしたカフェインの量は、体重40kgの人なら1回120mg、60kgの人なら1回180mgまでとなっています。

 カカオ70%以上の高カカオチョコレートに含まれるカフェイン量は100g当たり68~120mg。市販の板チョコは1枚約60gなので1回に100g食べるということはそうそうないかもしれません。しかし、体重が40kg程度の痩せた女性が高カカオチョコレートを100g以上食べると、安全な1回量を超えてしまう可能性もあるわけですから、食べすぎには注意しましょう。

知っていますか? 自分のカフェインの「安全量」

先頭へ

前へ

3/3 page

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.