日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > バレンタインに要チェック! チョコの健康効果
印刷

Gooday 通信

バレンタインに要チェック! チョコの健康効果

心血管疾患から腸内フローラまで幅広い効果、ただし食べ過ぎには注意

 Gooday編集部

チョコレートには高血圧や心血管疾患、認知症などの予防に良い効果も!?(©Monika Adamczyk -123rf)

 2月14日はバレンタインデー。そしてバレンタインデーといえばチョコレート。今年の2月14日は平日ですから、職場や学校などでチョコが話題に上る機会も多くなりそうです。「もらえた」「もらえなかった」が最大の懸案事項になるにしても、これを機にチョコの健康効果も再確認しておきましょう。話が盛り上がること間違いありません。

 多くの人が大好きなチョコレートですが、昔は「虫歯になりやすい」「ダイエットの敵」などと健康面ではネガティブなイメージがありました。しかし、ここ数年、チョコレートの健康効果が大きく取り上げられるようになり、「健康にいい食品」に仲間入りするようになりました。最近では、スーパー、コンビニのお菓子売り場だけでなく、ドラッグストアなどでもチョコレート売場が大きなスペースをとるようになっています。

 しかし、「チョコレートにどんな健康効果があるの?」と聞かれて、きちんと説明できる人は意外と多くないのではないでしょうか。そこで今回の記事では、最新の「チョコレートの健康効果」と摂取のポイントなどをまとめました。

チョコレートはポリフェノールが豊富!

 チョコレートの健康効果というと、多くの人が思い浮かべるのが「ポリフェノール」でしょう。健康志向のチョコレート商品には、「高ポリフェノール」だと表示されているケースがよくあります。

 ポリフェノールは、植物性食品の色素や香り、苦味、辛味などの化学成分である「フィトケミカル」の一種で、約8000もの物質の総称です。そのなかで、化学構造に応じて、さまざまなグループに分類されています。例えば植物エストロゲンともいわれるイソフラボンやスチルベン、フラバノールなどが代表です。

 このうちフラバノールが、チョコレートやココアの主原料となるカカオ豆には豊富に含まれているのです。実は、チョコレートには赤ワインより多くのフラバノールが含まれているのです。

フラバノール含有量
食品 フラバノール含有量
(mg/kg あるいは mg/L)
チョコレート 460-610
350-550
アプリコット 100-250
チェリー 50-220
50-140
ブラックベリー 130
りんご 20-120
緑茶 100-800
紅茶 60-500
赤ワイン 80-300
(出典:Circulation. 2009;119:1433-1441)

 では、チョコレートやココアに含まれるフラバノールの健康効果はどうなのでしょうか。

 生体内で合成され、さまざまな機能を持つ窒素酸化物の1種である一酸化窒素は、血管内皮細胞から作られます。この一酸化窒素が、血管の健康状態を維持する血管内皮機能を調節しています。フラバノール含有量の高いココアを摂取すると、一酸化窒素が増え、血管拡張(血圧低下)、血小板凝集抑制(抗動脈硬化)などにつながります。また、血圧についても、数値の低下が報告されています。

 しかし、ほとんどの市販のカカオ製品は、たくさん摂取すると、飽和脂肪酸や糖分により、カロリー(500kcal/100 g)のとり過ぎになります。そして、カカオのプラスの効果を打ち消すほどの、体重増加や血糖の上昇を招きます。食べ過ぎには注意が必要です。

 詳しくはこちらの記事をご覧ください。

チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.