日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > どれだけ知ってる?チョコレートのウソ・ホント  > 2ページ
印刷

Gooday 通信

どれだけ知ってる?チョコレートのウソ・ホント

すべて知ってたらチョコレート通!

◆チョコレートには赤ワインより多くのフラバノールが含まれている

チョコレートは高血圧や心血管疾患、認知症などの予防に良い効果も!?(©Monika Adamczyk/123RF.com)
ホント

 フラバノールはポリフェノールの一種で、チョコレートやココアの主原料となるカカオ豆に豊富に含まれています。その含有量は下記の表のようになっており、チョコレートには赤ワインより多くのフラバノールが含まれています。

フラバノール含有量
食品 フラバノール含有量
(mg/kg あるいは mg/L)
チョコレート 460-610
350-550
アプリコット 100-250
チェリー 50-220
50-140
ブラックベリー 130
りんご 20-120
緑茶 100-800
紅茶 60-500
赤ワイン 80-300
(出典:Circulation. 2009;119:1433-1441)

※より詳しくは、「チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?」をご覧ください。

◆フラバノールには「血圧低下」「抗動脈硬化」の働きがある

ホント

 フラバノール含有量の高いココアを摂取すると、一酸化窒素が増え、血管拡張(血圧低下)、血小板凝集抑制(抗動脈硬化)などにつながることが分かっています。

 また血圧低下について、2012年にそれまでの20の研究のメタ分析(複数の研究結果、研究データを計算してまとめる手法)が行われ、その結果、フラバノール摂取により、平均、収縮期血圧2.77mmHg、拡張期血圧2.20mmHgの低下が認められました。一般的に、収縮期血圧3mmHgの低下で8%の脳卒中の死亡率、5%の冠動脈疾患の死亡率、4%の全死因の死亡率のリスクが低減すると推定されています。

※より詳しくは、「チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?」をご覧ください。

◆フラバノールは「認知機能の改善」の効果が期待されている

ホント

 フラバノールを少なくとも520mg、毎日摂取している高齢者は、認知能力の大幅な改善を示しました。つまり、フラバノールの摂取は認知機能を改善する可能性があるのです。

※より詳しくは、「チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?」をご覧ください。

◆どんなチョコレートでも上記のような健康効果が期待できる

ウソ

 フラバノールの含有量は作物の品種タイプ、収穫後の処理、および加工技術に依存するため、製品によってフラバノールの比率がかなり異なります。

 新鮮なカカオ豆や、醗酵したカカオ豆には、約10%のフラバノールが、カカオ豆を加工したココアパウダーには約3.6%のフラバノールが含まれます。

 一方、市場にはフラバノールは苦いため風味が調整されたものが出回っています。成分調整ココアをたっぷり使ったダークチョコレートのフラバノール含有率は、わずか約0.5%。ミルクチョコレートやホワイトチョコレートには、フラバノールは低いか含まれていません。フラバノールが含まれていないとなれば、当然、本来フラバノールが持つ心血管疾患や高血圧への利点も残っていないのです。

※より詳しくは、「チョコレートは罪な快楽? それとも健康食品?」をご覧ください。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.