日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > あなたのランニング、ここを見直してみよう!
印刷

Gooday 通信

あなたのランニング、ここを見直してみよう!

準備運動、筋トレ、フォーム、レース計画…こんなにある改善のヒント

 日経Gooday編集部

 オリンピックイヤーである2016年を迎え、気持ちも新たにランニングの目標を立てているランナーの方も多いことでしょう。

 ランニングの競技人口は2000万人を超え、今や国民的スポーツとなった感がありますが、一方で、思うように距離や記録が伸びなかったり、思わぬ故障に悩んだりしているランナーもいるのではないでしょうか。そんな皆さんのお悩み解決の糸口になりそうな、日経Gooday編集部おすすめの記事を集めてみました。

【1】準備運動と補強運動のやり方が間違っていないか?

 まずは、今一番ホットなこちらの記事から。

箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【前編】

箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【後編】

(写真提供:徳間書店)

 お話を伺ったのは、正月恒例の箱根駅伝で見事2年連続総合優勝を成し遂げた青山学院大学陸上競技部のフィジカルトレーナーで、日経Goodayの連載「中野ジェームズ修一が熱血指導!『ぽっこりお腹解消メカニズム』」でもおなじみの中野ジェームズ修一さん。中野さんにうかがった、青学の大躍進の秘密。そこには一般ランナーの参考にもなるヒントがたくさん紹介されています。

 たとえば、ランニングの前に準備運動として前屈アキレス腱伸ばしなどの静的ストレッチを行う人は少なくありません。ところがこれらは「かえって運動のパフォーマンスを下げたり、故障の原因になったりすることがトレーナーの間ではよく知られています」と中野さん。

 「え?どういうこと?」と思った方は、ぜひ上記の記事をクリックしてみてください。キーワードは「動的ストレッチ」「体幹の“インナーユニット”強化」です。

【2】フォームの乱れを客観視できているか?

メガネ型端末「JINS MEME」でウォーキングのフォームを矯正

 効率の良い走り、足腰に負担をかけない(故障を招かない)走りを実現するためには、バランスの良いフォームの維持が欠かせません。とはいえ、走りながら自分のフォームをチェックし、修正することは容易ではありません。

 そんなときに役に立つ(かもしれない)のが、発売されたばかりのメガネ型のウェアラブル端末「JINS MEME」。耳に当てる部分に「6軸センサー」(3軸の加速度センサーと、3軸のジャイロセンサー)を搭載したこの異色のメガネ型端末、専用のスマートフォン用アプリと組み合わせることで、ランニングやウォーキングの最中に、正しい姿勢を保てているか、左右バランスはどうかなどを計測し、もしフォームが崩れると音声などで知らせてくれます

 実際にこの「JINS MEME」を装着し、ウォーキングのフォーム改善に取り組んだITライターの原如宏さん。果たして本当にフォームは整ったのでしょうか。原さんの率直な感想と評価は、上記の記事でご紹介しています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.