日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > Gooday 通信  > あなたのランニング、ここを見直してみよう!
印刷

Gooday 通信

あなたのランニング、ここを見直してみよう!

準備運動、筋トレ、フォーム、レース計画…こんなにある改善のヒント

 日経Gooday編集部

 オリンピックイヤーである2016年を迎え、気持ちも新たにランニングの目標を立てているランナーの方も多いことでしょう。

 ランニングの競技人口は2000万人を超え、今や国民的スポーツとなった感がありますが、一方で、思うように距離や記録が伸びなかったり、思わぬ故障に悩んだりしているランナーもいるのではないでしょうか。そんな皆さんのお悩み解決の糸口になりそうな、日経Gooday編集部おすすめの記事を集めてみました。

【1】準備運動と補強運動のやり方が間違っていないか?

 まずは、今一番ホットなこちらの記事から。

箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【前編】

箱根駅伝、青学躍進の陰に“理詰め”の体幹トレーニング【後編】

(写真提供:徳間書店)

 お話を伺ったのは、正月恒例の箱根駅伝で見事2年連続総合優勝を成し遂げた青山学院大学陸上競技部のフィジカルトレーナーで、日経Goodayの連載「中野ジェームズ修一が熱血指導!『ぽっこりお腹解消メカニズム』」でもおなじみの中野ジェームズ修一さん。中野さんにうかがった、青学の大躍進の秘密。そこには一般ランナーの参考にもなるヒントがたくさん紹介されています。

 たとえば、ランニングの前に準備運動として前屈アキレス腱伸ばしなどの静的ストレッチを行う人は少なくありません。ところがこれらは「かえって運動のパフォーマンスを下げたり、故障の原因になったりすることがトレーナーの間ではよく知られています」と中野さん。

 「え?どういうこと?」と思った方は、ぜひ上記の記事をクリックしてみてください。キーワードは「動的ストレッチ」「体幹の“インナーユニット”強化」です。

【2】フォームの乱れを客観視できているか?

メガネ型端末「JINS MEME」でウォーキングのフォームを矯正

 効率の良い走り、足腰に負担をかけない(故障を招かない)走りを実現するためには、バランスの良いフォームの維持が欠かせません。とはいえ、走りながら自分のフォームをチェックし、修正することは容易ではありません。

 そんなときに役に立つ(かもしれない)のが、発売されたばかりのメガネ型のウェアラブル端末「JINS MEME」。耳に当てる部分に「6軸センサー」(3軸の加速度センサーと、3軸のジャイロセンサー)を搭載したこの異色のメガネ型端末、専用のスマートフォン用アプリと組み合わせることで、ランニングやウォーキングの最中に、正しい姿勢を保てているか、左右バランスはどうかなどを計測し、もしフォームが崩れると音声などで知らせてくれます

 実際にこの「JINS MEME」を装着し、ウォーキングのフォーム改善に取り組んだITライターの原如宏さん。果たして本当にフォームは整ったのでしょうか。原さんの率直な感想と評価は、上記の記事でご紹介しています。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.