日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > がんと生きる…ピーコさんの場合
印刷

Gooday 通信

がんと生きる…ピーコさんの場合

2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代

 米田勝一=日経Gooday

 ピーコこと杉浦克昭さん。ファッション評論家、タレント、シャンソン歌手といくつもの「顔」を持ち、メディアで活躍するピーコさんは1989年、眼のがんにかかりました。当時44歳。まさに働き盛りのピーコさんの左目を襲ったのは、30万人に1人という悪性腫瘍でした。ショービジネスの世界で最前線に立っていたピーコさんは、決断を迫られます。仕事とがん治療とをどう両立させるのか。

 現代は、2人に1人ががんになり、3人に1人ががんで亡くなる時代。昨年も、高倉健さんや菅原文太さんなど、多くの著名人ががんで他界され、ニュースで報じられました。

 がんは最早、特別で存在はなく、身近な病気です。そうした時代に生きる私たちは、がんに備えて何を知り、その予防のために何をすればいいのか。また、自分の未来に「がん」が立ちふさがったとき、何が救いとなるのか。

  好評連載「わたしも、がんでした」は、がんと向き合い、がんと共に生き、働き、がんと決別したピーコさんのエッセイなどを通じ、がんと共に生きるための処方箋を紹介しています。このほか、がん関連の情報は、「森山紀之の『拝啓 これからがんになる皆様へ』」「やさしいがんの学校」といった連載でも提供しています。

 2人に1人ががんになる時代。がんについて、ちょっと勉強してみませんか。

わたしも、がんでした

わたしの一部がなくなっちゃう

左目を取ることになって

本当にわたし「がん」なの!?

森山紀之の「拝啓 これからがんになる皆様へ」

まゆつばの治療法が魅力的に映る理由

がんの告知と“魔の2週間"

「2人に1人ががんになる」という意味

やさしいがんの学校

あなたの肺がんの危険度はどのくらい?

胃がんは近い将来、激減する?

日本人に多いがんとは

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.