日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > Gooday 通信  > 2015年12月 Goodayアクセスランキング
印刷

Gooday 通信

2015年12月 Goodayアクセスランキング

酒席が増える時期に読んでおきたい記事がランクイン!

 中西奈美=日経Gooday

 「日経Gooday」2015年12月のアクセスランキング top20をお届けします。1位、2位に入ったのは、運動にまつわる”意外な”話でした。続いて、家でもオフィスでも飲むことが多いコーヒーに関するものがランクインしました。

 12月は忘年会のシーズンのため、酒に関する記事(酔わない飲み方、二日酔いなど)がよく読まれました。今月も「新年会が続いていて…」という人は少なくないでしょう。ぜひ参考にしてください。

 記事のタイトルをクリックすると、実際の記事にジャンプします。

2015年12月 Goodayアクセスランキング 1-10位

【1位】 久しぶりの運動でアキレス腱伸ばし、前屈はダメ!?

 「体が温まっていない状態での静的なストレッチは基本的におすすめできないのですが、そのなかでも特にやってほしくないものがあります。それが、立った状態で前屈をすることです」と青山学院大学駅伝部などの指導も行うパーソナルトレーナーの第一人者、中野ジェームズ修一さんは話します。…さて、その理由は?


【2位】 朝のランニングが1日を台無しにする?

 体を思いやると、運動や食事に気を遣うようになりますが、それがカラダにどういいのかは意外に知らないもの。例えば、ランニング。体の状態に合わせて、最適な方法を選ばないと、かえって体に悪いことがわかります。


【3位】 【男のホンネ座談会】妻との性生活、ホントのところどうなの?

 更年期世代の妻を持つ男性は、妻の今の状態をどう思っているのでしょうか。そして、性生活には何か変化があるのでしょうか。男性4人にホンネを語ってもらいました。


【4位】 食べ過ぎ・飲み過ぎには18時間の“プチ断食”が効く!

 飲み会が続くと、本人が望む望まずにかかわらず、食べ過ぎ・飲み過ぎになりがちです。分かっちゃいるけどやめられない。“サイズ増量”一直線となって後悔したくない人におすすめしたいのが18時間の”プチ断食”です。


【5位】 酔わない飲み方、7つのウソ・ホント

 お酒をたくさん飲んで楽しみたいけれど、二日酔いが怖い…。そんなあなたのために、巷で語られる、酔わない飲み方、二日酔いにならない飲み方が、ウソかホントかを取材を基に整理してみました。これからの季節、新年会が続く人は必読ですよ。


【6位】 コーヒー、牛乳、油…結局、カラダに良い?悪い?

 コーヒー、牛乳、油、チョコレート…、これらに共通するのは、「カラダに悪いので控えたほうがいい」といわれることもあれば、逆に「カラダに良いので、積極的にとるべき」などといわれることもあること。一体どの情報を信じればいいのか分からない、と頭を悩ませている人も多いでしょう。そんな気になる健康ネタの最新事情や“本当のところ”を解説した記事を紹介しています。


【7位】 有森裕子 引退後初レースで流した、現役時代とは違う涙

 「当初、5時間半で完走できればいいかなと思っていましたが、いざスタートしてみると、途中で何度も立ち止まり、ヨロヨロになりながらも4時間46分32秒というタイムでゴール。その瞬間、自然と涙が溢れ出てきました。それは現役時代に流した涙とは全く違うものでした」(有森裕子さん)


【8位】 コーヒーは結局、カラダに良い? 悪い?

  全日本コーヒー協会が発表したデータ(出所:ICO統計/2014年7月)によれば、日本はコーヒー消費量が世界でも第3位に入るほど、コーヒー愛好国になっています。 一方で、気になるのがコーヒーが健康に与えるという“うわさ”の数々。はたして真相はどうなっているのでしょうか?


【9位】 追悼◆2015年に病気で亡くなった著名人

 2015年、芸能界、財界などの多くの著名人が惜しまれながらこの世を去りました。日経Goodayでは、亡くなられた方々から特に印象的だった8名を取り上げ、故人の生前の活躍を振り返りながら、最期まで闘った病気について解説します。安らかなご永眠をお祈りいたします。


【10位】 風邪をひきやすいのは免疫力が下がる睡眠中

 風邪予防の基本は「うがいと手洗い」。それに加え、睡眠中のケアが非常に大切なことを知っている人はあまりいないかもしれません。記事を読んで思わず膝を打ちますよ。

2015年11月 Goodayアクセスランキング 11-20位

【11位】 「血液ドロドロ」はどうして体に悪いの?

【12位】 好感度・存在感も倍増?! 3週間でできる“猫背”解消テクニック

【13位】 食事の写真で判明! 痩せた人ほどアレを食べている

【14位】 忘年会シーズン! 二日酔い対策完全マニュアル

【15位】 二日酔いの朝、どうすれば楽になる?

【16位】 「酒焼け」の真偽と、飲酒後のカラオケが招く“三大リスク”

【17位】 「酒はあきらめられない。だから、ラーメンはあきらめた」 ―俳優・石原良純さん

【18位】 川島なお美さんと「がん」について今改めて考えたい

【19位】 女性の梅毒が急増中! その背景には…

【20位】 リーダーの責務は「まず、よく寝ること」【元トリンプ社長・吉越氏】

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.