日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 漢方薬の基礎知識  > 「虚実」で不調をチェック

漢方薬の基礎知識

「虚実」で不調をチェック

 中医学の診断法は実にさまざま。その中でも、最もわかりやすく、使いやすいのが「虚実」の考え方だ。「虚」とは、体に必要なものが不足した状態のこと。例えば、血が不足した「血虚」になると、血の「体や心に栄養をあたえる作用」が低下して、貧血、肌や髪のツヤがない、顔色が悪い、めまい・ふらつき、不安感、不眠などの症状が現れる。

 「実」は、何らかの滞りもしくは過剰を表す。気のめぐりが滞った「気滞(きたい)」、血のめぐりが悪い「おけつ」、水分代謝に問題がある「痰湿(たんしつ)」などがある。

 この「虚実」というものさしを使って、自分の体に何が不足し、何が滞っているかをチェックすることで、はじめて「不足分は補い、滞りは取り除く」という体に合った対処法を選ぶことができる。なお、虚実の現れ方は複雑で、例えば「気も血も不足している」「気の不足と、水分の滞りがある」というように、複合的な現れ方をする場合も多い。

[画像のクリックで拡大表示]

(出典:『サプリメント事典 第4版』日経BP社 日経ヘルス編 2011年)

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.