日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 漢方薬の基礎知識  > 気・血・水

漢方薬の基礎知識

気・血・水

 中医学を知るためのキーワードとして、最も大切なのが「気(き)・血(けつ)・水(すい)」。体のエネルギーである「気」、体に栄養と潤いを与える「血」、血以外の体液である「水」(津液<しんえき>ともいう)は、体を構成する基本物質である。気・血・水のバランスが保たれ、不足も滞りもないのが健康な状態と考えられている。

 気・血・水は、消化器がとり入れた飲食物と呼吸で得た酸素を主な材料とし、五臓の働きによって作られ、全身に送られる。

 中医学では、「体内の異常は体の外側にも必ず現れる」と考えており、気・血・水の異常も、顔色、声、体格、肌、爪、髪、舌などの変化となって現れる。

[画像のクリックで拡大表示]

(出典:『サプリメント事典 第4版』日経BP社 日経ヘルス編 2011年)

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.