日経グッデイ

今日の1ポーズストレッチ

脚交差前屈ストレッチ

脚を付け根から動かし、腰と骨盤の動きをしなやかに

 前屈したときの上体の重みを使い、股関節の周りとヒップの外側、太ももの内側を一度に伸ばす。腰と骨盤の可動域を広げ、ゆがみを取る。片足とヒップの2点でバランスを取り、体をぐらつかせずにポーズをつくる。左と右を比べて硬い方があれば、重点的にほぐして、バランスを整えよう。

[画像のクリックで拡大表示]


(写真/岡﨑 建志、文/木岡 かずこ、モデル/本道 志衣)

伊藤マモルさん
法政大学 法学部 教授 メソッド考案・指導
伊藤マモルさん 順天堂大学体育学部卒、同大学院修了。医学博士。日本フェンシング協会常務委員。ハンガリー剣道代表チーム・コンディショニングコーチ。専門はスポーツ医学、コンディショニング科学。2008~2012年に法政大学フェンシング部の部長として、独自のトレーニング・コンディショニング指導法で、全日本学生選手権11連覇に貢献。著書に『基本のストレッチ』(主婦の友社)、『若さを伸ばすストレッチ』(平凡新書)、『ひとりで巻くテーピング』(日本文芸社)ほか多数。

(出典:日経ヘルス『一生太らない!1日1ポーズストレッチ』日経BPムック 2012年)