日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > トピックス  > ノロウイルスにマスクや手洗いは有効? クイズで学ぶ正しい知識  > 2ページ
印刷

トピックス

ノロウイルスにマスクや手洗いは有効? クイズで学ぶ正しい知識

全6問に挑戦して、自分の「ノロ理解度」をチェックしよう

 伊藤和弘=ライター

答えと解説
石けんを使った手洗いはとにかく大事(c)subbotina-123rf

 ノロウイルスには石けんや消毒用アルコールがほとんど効かない(*1)。ウイルスは細菌よりも小さいので、普通のマスクならすり抜けてしまう。とはいえ、「手洗いやマスクには感染を防ぐ効果がある」と片山さんは言う。

 「手洗いは予防の基本。確かに石けんにウイルスを殺す働きは期待できませんが、流水で洗い流すことに意味がある。石けんを使うことで、少なくともぬめりが取れるまでは手を洗うので、しっかり時間をかけてウイルスを洗い流すことができます。トイレに行った後と、食べ物に触れる前には必ず手を洗う。洗った後はハンカチではなく、ティッシュやペーパータオルで手を拭いて捨てるといいでしょう」(片山さん)

 ノロウイルスは指先よりも手のひらの根元につきやすい。手首までしっかり洗うように心がけよう。

 また、ウイルス自体は確かに普通のマスクをすり抜けるほど小さいが、空中のノロウイルスは水滴やホコリに乗って漂っている。「それらが鼻や口から入るのを防ぐには普通のマスクで十分」と片山さん。感染した子どもの嘔吐物などを処理するときも、マスクをしておくと二次感染予防になる。

 というわけで正解は(2)ウソ。普通のマスクや石けんによる手洗いも、予防として大きな意味がある。

【問題3】

高温多湿な環境が苦手なノロウイルス。冬場は人に猛威をふるうものの、夏は高原の牧場などにいる動物の体内でひっそりと過ごしている。ホント? ウソ?

(1)ホント  (2)ウソ

答えと解説

 人間だけに限らず、他の動物もノロウイルスに感染する。しかし、「タイプが違うので、動物のノロウイルスは人に感染しません」と片山さん。というわけで正解は(2)ウソ。

 ではどこにいるのかというと、実は夏の間もノロウイルスに感染している人がいる。日本では感染者の約7%が症状の表れない「不顕性感染者」という調査もあり(*2)、ノロウイルスは夏の間は不顕性感染者によって維持される。冬になって空気が乾燥するとノロウイルスが空中に飛びやすくなるとともに、体温の低下によって免疫力が下がる。そこで免疫力の低い子どもや老人が不顕性感染者などからウイルスをもらって感染し、大流行を起こすのだという。

【問題4】

ノロウイルスには何回でも感染してしまう。その理由は、抗体ができない特殊なウイルスだからだ。

(1)ホント  (2)ウソ

*1 アルコール除菌スプレーの中には、抗ノロウイルス成分が入った製品もあるが、ヒトのノロウイルスに効果があるかどうかは検証できないため、効果は不明。
*2 Ozawa K,et al. Norovirus infections in symptomatic and asymptomatic food-handlers in Japan. J Clin Microbiol. 2007;45:3996-4005.
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.