日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?  > 2ページ目
印刷

トピックス

ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?

すぐに実践できるノロウイルス対策

 伊藤和弘=ライター

 なお、ノロウイルスにはいろいろな型があるため、予防効果のあるワクチンは開発されていない。「二枚貝などウイルスに汚染されているものを生などで食べないことも大切ですが、予防法として特に重要なのは『手洗い』の徹底です」と前田さんは強調した。

トイレの後、手のどこが汚れやすい?

 その言葉を受けて、続いての講演は公益社団法人日本食品衛生協会出版部制作課の神薗紀子さん。「手洗いマイスター」の資格も持つ神薗さんが「衛生的な手の洗い方」を紹介した。

 「ウイルスの感染を防ぐには食品の加熱調理や保管時の温度管理で増やさないという方法もありますが、高い温度がかけられない場合もありますし、ノロウイルスは少量でも感染します。ウイルスをつけないよう手洗いを徹底することが有効です」(神薗さん)

 外出先から帰ってきたとき、トイレに行った後、料理や食事の前、ゴミに触れた後など、ウイルスが手についたり、手で口元を触ったりする可能性が高いときは必ず手を洗うようにしよう。

 ただし、せっかく手を洗っても、洗い残しがあっては台無しだ。手に蛍光ローションを塗ってから洗い落とし、ブラックライトを当てると落とし切れていない部分が白く光る。その実験から、多くの人が洗い残しやすい部分が明らかになったという。

[画像のクリックで拡大表示]

 「指先、爪と皮膚の間、手のひらのシワ、親指の付け根、手首。これらが特に洗い残しやすい部分です」と神薗さんは指摘する。

 ちなみに、トイレの後、お尻を拭くと手のどこが汚れやすいかというと、指先、親指の付け根、そして袖口だそうだ。「つまり、汚れやすくて、洗い残しが多い部分に注意しないと危ないのです」(神薗さん)

[画像のクリックで拡大表示]

「洗い残しのない手の洗い方」を覚えよう

 では、具体的にどのように洗えばいいのか。日本食品衛生協会が勧める「洗い残しのない手の洗い方」は次の通りだ。

  1. まず、流水で手を洗う
  2. 洗浄剤を手に取る。固形石せっけんは菌やウイルスが付着するので液体のほうがいい
  3. 手のひら、指の腹面を洗う
  4. 手の甲、指の背を洗う(骨と骨の間に沿うように、シワを伸ばすように洗う)
  5. 指を交差して、指の側面や股の部分を洗う
  6. 親指と付け根のふくらんだ部分を洗う
  7. 他方の手のひらをひっかくように、爪と皮膚の間が触れるようにして指先を洗う
  8. 手首を洗う
  9. 流水で洗浄剤をしっかり洗い流す
  10. 手を拭く。タオルの共用はしないこと。使い捨てのペーパータオルがベスト
  11. できれば最後にアルコールをスプレーする

 ご存じの通り、手洗いは風邪やインフルエンザの予防にもなる。30の研究を分析した論文によると、手洗いによって風邪など呼吸器系疾患の発症率が21%減ることが分かったという(Am J Public Health. 2008;98:1372-81)。

 自分がつらい思いをするだけならまだしも、ノロウイルスは感染力が強いので、いったん感染してしまうと家族や同僚をも巻き込みかねない。免疫力が強い人の場合、不顕性感染といって症状が出ないまま感染し、自分でも気づかぬうちにウイルスをまき散らしてしまうこともある。ウイルスを体内に入れないため、しっかり洗い残しなく手を洗うことを心がけよう。

前田正(まえだ ただし)さん
東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター助教。日本感染症学会専門医・指導医
前田正(まえだ ただし)さん 2005年東邦大学医学部卒業、2007年より東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センターレジデント、2012年より現職。日本内科学会総合内科専門医・指導医。労働衛生コンサルタント。
神薗紀子(かみぞの のりこ)さん
公益社団法人日本食品衛生協会出版部制作課課長補佐。東邦大学薬学部卒業、薬剤師
神薗紀子(かみぞの のりこ)さん 食品の検査や普及啓発担当部署を経て2016年より現職。手洗いマイスター、HACCP専門講師、HACCP指導者養成研修修了。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.