日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?
印刷

トピックス

ノロ対策の手洗いに死角アリ 意外に洗い残しやすい部位は?

すぐに実践できるノロウイルス対策

 伊藤和弘=ライター

毎年、冬になると多くの人が苦しめられるノロウイルス。感染力は非常に強く、特に免疫力の低い子どもや高齢者は重症化しやすい。ノロウイルス感染を予防するには、また発症したときはどうすればいいのだろう? 2019年11月に開催された「家庭で実践できる感染予防学を学ぶ『ノロウイルス対策セミナー』」(ビオフェルミン製薬主催)から、すぐに役立つノロウイルスの対処法をお伝えしよう。

写真はイメージ=(c) kanokpol prasankhamphaibun-123RF

発症したときは脱水を防ぐことが最も重要

 最初の講演は東邦大学医療センター大森病院総合診療・急病センター助教で日本感染症学会専門医・指導医の前田正さんが行った。

 「吐き気・下痢・腹痛などの症状が表れる感染性腸炎は、11月から2月にかけての冬の時期に多くなります。大きく細菌性とウイルス性に分かれますが、ウイルス性では、調査により多少数字が異なるもののノロウイルスが約3割を占めるという調査もあります」(前田さん)

 ノロウイルスの感染はウイルスに汚染された食品を加熱が不十分なまま食べることで、まず冬期の食中毒として発生することが多い。潜伏期間は1日程度。感染すると、激しい下痢や吐き気といった症状が表れる。その後、感染者の下痢や嘔吐(おうと)物を介して周囲の人も感染する。

 ウイルスには抗生物質が効かない。治療は基本的に対症療法で、自然に治るのを待つしかない。体内にいるウイルスを早く追い出すため、下痢止めもできるだけ使わないほうがいいという。

 発症したとき最も重要なのは脱水症を防ぐことだ。前田さんは「体を潤すだけでもだいぶ症状が改善するので、少しずつでも水分を摂取するようにしてください」とアドバイスする。

感染力が極めて強いので、汚物の処理は要注意

 ノロウイルスの感染力は非常に強く、10~100個程度でも感染し発病する(Lancet. 1994;343:1240-2)。そのため広まりやすく、しばしば集団感染を引き起こす。特に小さい子どもや高齢者は免疫力が低いので感染すると発病しやすい。わずか10個程度に触れただけでも感染する可能性があるのに、「感染者の嘔吐物には1g中に約100万個、便には1g中100万~10億個ものウイルスがいる」(前田さん)という。

 ノロウイルスが集団発生した施設を調査した報告によると、トイレの便座には1平方センチメートル当たり520~1万5000個、ドアノブには同120~270個ものウイルスが付着していたという(公衆衛生 2007;71:972-6)。触れば十分感染する量だ。

 子どもはトイレまで行けずに室内で吐いてしまうことも多いが、嘔吐物の掃除も慎重に行わなければならない。ウイルスが大量に含まれているので、不用意に触ると簡単に感染してしまうからだ。

 「掃除をする場合、使い捨ての手袋とマスク、エプロンを着用し、同じく使い捨ての布やペーパータオルで外側から内側に向けて拭き取ります。その後、嘔吐物が付着していた場所を0.1%以上に希釈した次亜塩素酸ナトリウムを染みこませた布で拭いてください。次亜塩素酸ナトリウムを含む家庭用の塩素系漂白剤でも代用できます。アルコールでは不十分です」(前田さん)

 感染者の嘔吐物などを掃除した人が感染する可能性もある。1日か2日後に激しい下痢などの症状が表れた場合、感染したことを自覚して人との接触を控えるようにしよう。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.