日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 【発表】2020年Gooday無料記事ランキング Top10
印刷

トピックス

【発表】2020年Gooday無料記事ランキング Top10

新型コロナウイルス関連の記事で埋め尽くされた2020年の無料記事

 日経Gooday編集部

2020年に日経Goodayで読まれた記事のランキングを2回に分けてお届けします。今回は、無料記事のトップ10を発表します(有料記事のトップ10はこちら)。

 2020年の無料記事ランキングは、新型コロナウイルス関連の記事で埋め尽くされました。トップに輝いたのは、このウイルスがさまざまな物質の表面についた後、どれくらい感染性を維持しているのかを調べた研究の記事です。そのほか、合併症である肺炎の特徴を分かりやすく解説した記事や、予防に関する記事、ステイホームに伴う運動不足や腰痛への対策記事などがよく読まれました。記事のタイトルをクリックすると、実際の記事にジャンプします。まだお読みでない方は、ぜひご一読ください。


◆1位 トピックス
新型コロナ、サージカルマスクの表面で7日間感染力を示す

 全無料記事の中で第1位になったのは、緊急事態宣言の対象が全国に拡大された直後に公開された、「新型コロナウイルスは環境中でどのくらいの期間感染力を維持しているのか」に関する記事でした。

 コピー用紙、ティッシュペーパー、紙幣、サージカルマスク、ステンレス、プラスチックなど、身の回りにあるさまざまな物質の表面にウイルスを付着させ、感染力を保つ期間を調べたこの実験では、サージカルマスクの内側では4日後まで、外側(表面)では7日後まで、感染力を持つウイルスが検出されました(室温22℃、湿度65%の条件下)。当時ほとんど報道されていなかったこの実験結果は、大きな注目を集めました。



◆2位 トピックス
マスクがなくても焦らない! 新型コロナウイルス予防で本当に大切なこと

 第2位は、新型コロナウイルスが日本に上陸し、店頭からマスクが瞬く間に消えて不安が広がっていた時期に公開された、こちらの記事です。新型コロナウイルスの特徴や感染経路、予防に有効な方法などについて、当時明らかになっていたエビデンスをまとめました。

 なお、当時は「健康な人のマスクによる感染予防効果はあまり期待できない」という見解が主流でしたが、その後、本物の新型コロナウイルスを用いた実験では、マスクは感染者がつけることでウイルスの拡散を減らすとともに、健康な人がつけても、吸い込むウイルスの量を減らす効果があることが明らかになっています(関連記事「マスクはやっぱり重要! ウイルス放出と吸入、両方を減らす」



◆3位 トピックス
新型コロナウイルスによる肺炎は、これまでと何が違うのか?

 新型コロナウイルスに感染すると、風邪のような症状だけで済むこともあれば、肺炎を発症し、命を落とすこともあります。この感染症を正しく理解し、正しく恐れるために、「肺炎とは何か」「新型コロナによる肺炎は、これまでと何が違うのか」という点を掘り下げたのが、第3位に入ったこちらの記事です。

 医療現場で新型コロナ患者の診療にも当たる池袋大谷クリニック院長の大谷義夫さんに、ウイルスによる肺炎と細菌による肺炎の違いや、年齢と免疫力の関係などを分かりやすく解説していただき、SNSでも大きな反響を呼びました。



◆4位 中野ジェームズ修一のカラダお悩み解消講座
コロナで運動不足 優先すべきは筋トレと有酸素運動どっち?

 第4位は、コロナ禍での運動不足に悩む読者の悩みに、人気トレーナ―の中野ジェームズ修一さんが答えた記事。

 テレワークでスポーツクラブも閉鎖されていた時期、家で食べてばかりいて体重が増えてしまった男性が「どんなメニューで運動すればいいのか」「近所でジョギングするのと、自宅で筋トレするのとでは、どちらが効果的か」を尋ねます。これに対する中野さんの回答は…? 詳しくは記事をぜひご覧ください。



◆5位 トピックス
新型コロナの国内感染はこの先どうなる?

 第5位には、医師・医療従事者向け情報サイト「日経メディカル」から転載した、2020年2月下旬時点での新型コロナの国内感染の動向を取り上げた記事がランクイン。

 「感染そのものを防ぎきることはできないとしても、取るべき対策はある。(流行の)ピークを可能な限り低く、そして後ろにずらすことだ」「ピークを後ろにずらして時間を稼ぐことで、抗ウイルス薬やワクチンの恩恵を受けることができるかもしれない」――。大阪大学感染制御学の森井大一氏、朝野和典氏によるこれらの指摘は、記事掲載から約10カ月がたった今、より重みを増しています。


1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.