日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 20kgやせて「U.S.A.」が踊れるようになりました【元DA PUMP/YUKINARIさん】
印刷

トピックス

20kgやせて「U.S.A.」が踊れるようになりました【元DA PUMP/YUKINARIさん】

 日経ヘルス

 “ダサかっこいい!”と人気に火がつき、ミュージックビデオの再生が2018年10月末に1億回を突破したDA PUMPの「U.S.A.」。そんななか、1990~2000年代に活躍したDA PUMPの初期メンバーも注目を浴びている。当時、ピカイチのダンスでファンの心をつかんでいたのが、YUKINARIさんだ。DA PUMP脱退後は、すっかり中年太りになっていたが、20kg減のダイエットに成功。当時のカッコイイ姿を取り戻したYUKINARIさんを見たいと、自身が経営する店にも客が集まっているという。はたしてビジネスパーソンも“キレッキレ”の身体を取り戻せるのか。YUKINARIさんにダイエット成功の秘訣を聞いた。

YUKINARI
1978年沖縄生まれ。中学生でダンスを始める。97年、DA PUMPのメンバーとしてデビュー。98年から5年連続でNKH紅白歌合戦に出場。初のベストアルバムは128万枚を売り上げた。2008年にDA PUMPを脱退し、沖縄に戻る。10年、同じDA PUMPのメンバーであったKENらとともに、ヒップホップパフォーマンスユニット「琉-UNIT」を結成。15年には那覇市にバー「CLOUD NINE OKINAWA」をオープンさせた。
[画像のクリックで拡大表示]

20kg減のダイエットに成功したそうですね。テレビCMでもダンスを披露されていましたが、昔のYUKINARIさんの姿を思い出したファンもいたのではないでしょうか。

YUKINARI 2017年の末には92kgありました。それが今は66kg。DA PUMPにいた当時の体重に戻りましたね。かなりがっつりと落ちました。

そもそも、なぜそんなに太ってしまったんですか?

YUKINARI 一言で言うと、暴飲暴食ですね。DA PUMPを辞めてから、沖縄に戻り、実は2年間くらい、誰とも連絡を取らなかったんです。いろんな人から電話をもらったんですが、それすら拒否して、一人になりたかった。携帯電話の電源を切って。ずっと家にいて、まあほぼ動かないんで、ポンポンと体重が増えていきましたね。2年くらい経って、だんだんと外に出るようになってからも、働かずに、毎日友達と飲み歩き。毎日食べたいものを好きなだけ食べて、飲みたいだけ飲んで、寝たいときに寝て……。お酒の締めのラーメンはもちろんのこと、ポテトチップスもチョコレートも大好きで……。

それで92kgに。そんなにあると、DA PUMPの「U.S.A.」は踊れないですよね。

YUKINARI いやー、実は意外と体は動くんですよ。ただ、スタミナがない。その後「琉-UNIT」というヒップホップパフォーマンスユニットを組んで、ライブ活動も始めたんですが、1時間が精いっぱい。後半は全然動けない……。ヒップホップスタイルだったので、ダボっとした衣装は、なんとか入ったんですけどね(笑)。

92kgの頃(左)。周りに指摘されながらも「それほど気にしていなかった」という。5カ月のダイエットの後、66kg(右)に。
[画像のクリックで拡大表示]

その頃、ダイエットしようとは思わなかったんですか?

YUKINARI 思いつきで、ランニングをしたことはあります。でも結局、3日坊主。なんか理由つけちゃうんですよね。「膝が痛い」だとか、「2日酔い」だとか。あと、2015年に那覇に「CLOUD NINE OKINAWA」というバーをオープンしたんですが、その前に、気合を入れようと思ってダイエットしました。ひたすら食事を抜いて、20kg減。でも、あっという間にリバウンドして20kg以上増えちゃった。今思うと、食事やトレーニングの知識が全くなかったですね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

  • 男性ホルモンを増やす5つのポイント

    年齢とともに、男性ホルモンの低下から、体調が優れない、イライラする、よく眠れないという症状が表れる。こうした状態を放っておくと、身体機能の低下やうつ病、メタボリック症候群などの病気リスクが高まってしまう。男性ホルモンについて正しく理解し、どのように生活習慣を改めれば男性ホルモンが増え、ハツラツとした生活を取り戻せるのかについて、5つのポイントにまとめて紹介しよう。

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.