日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 20kgやせて「U.S.A.」が踊れるようになりました【元DA PUMP/YUKINARIさん】
印刷

トピックス

20kgやせて「U.S.A.」が踊れるようになりました【元DA PUMP/YUKINARIさん】

 日経ヘルス

 “ダサかっこいい!”と人気に火がつき、ミュージックビデオの再生が2018年10月末に1億回を突破したDA PUMPの「U.S.A.」。そんななか、1990~2000年代に活躍したDA PUMPの初期メンバーも注目を浴びている。当時、ピカイチのダンスでファンの心をつかんでいたのが、YUKINARIさんだ。DA PUMP脱退後は、すっかり中年太りになっていたが、20kg減のダイエットに成功。当時のカッコイイ姿を取り戻したYUKINARIさんを見たいと、自身が経営する店にも客が集まっているという。はたしてビジネスパーソンも“キレッキレ”の身体を取り戻せるのか。YUKINARIさんにダイエット成功の秘訣を聞いた。

YUKINARI
1978年沖縄生まれ。中学生でダンスを始める。97年、DA PUMPのメンバーとしてデビュー。98年から5年連続でNKH紅白歌合戦に出場。初のベストアルバムは128万枚を売り上げた。2008年にDA PUMPを脱退し、沖縄に戻る。10年、同じDA PUMPのメンバーであったKENらとともに、ヒップホップパフォーマンスユニット「琉-UNIT」を結成。15年には那覇市にバー「CLOUD NINE OKINAWA」をオープンさせた。
[画像のクリックで拡大表示]

20kg減のダイエットに成功したそうですね。テレビCMでもダンスを披露されていましたが、昔のYUKINARIさんの姿を思い出したファンもいたのではないでしょうか。

YUKINARI 2017年の末には92kgありました。それが今は66kg。DA PUMPにいた当時の体重に戻りましたね。かなりがっつりと落ちました。

そもそも、なぜそんなに太ってしまったんですか?

YUKINARI 一言で言うと、暴飲暴食ですね。DA PUMPを辞めてから、沖縄に戻り、実は2年間くらい、誰とも連絡を取らなかったんです。いろんな人から電話をもらったんですが、それすら拒否して、一人になりたかった。携帯電話の電源を切って。ずっと家にいて、まあほぼ動かないんで、ポンポンと体重が増えていきましたね。2年くらい経って、だんだんと外に出るようになってからも、働かずに、毎日友達と飲み歩き。毎日食べたいものを好きなだけ食べて、飲みたいだけ飲んで、寝たいときに寝て……。お酒の締めのラーメンはもちろんのこと、ポテトチップスもチョコレートも大好きで……。

それで92kgに。そんなにあると、DA PUMPの「U.S.A.」は踊れないですよね。

YUKINARI いやー、実は意外と体は動くんですよ。ただ、スタミナがない。その後「琉-UNIT」というヒップホップパフォーマンスユニットを組んで、ライブ活動も始めたんですが、1時間が精いっぱい。後半は全然動けない……。ヒップホップスタイルだったので、ダボっとした衣装は、なんとか入ったんですけどね(笑)。

92kgの頃(左)。周りに指摘されながらも「それほど気にしていなかった」という。5カ月のダイエットの後、66kg(右)に。
[画像のクリックで拡大表示]

その頃、ダイエットしようとは思わなかったんですか?

YUKINARI 思いつきで、ランニングをしたことはあります。でも結局、3日坊主。なんか理由つけちゃうんですよね。「膝が痛い」だとか、「2日酔い」だとか。あと、2015年に那覇に「CLOUD NINE OKINAWA」というバーをオープンしたんですが、その前に、気合を入れようと思ってダイエットしました。ひたすら食事を抜いて、20kg減。でも、あっという間にリバウンドして20kg以上増えちゃった。今思うと、食事やトレーニングの知識が全くなかったですね。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.