日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 追悼◆2015年に病気で亡くなった著名人  > 8ページ
印刷

トピックス

追悼◆2015年に病気で亡くなった著名人

川島なお美さん、愛川欽也さん、今井雅之さん、岩田聡さんなど8名の方々

塩川正十郎さん(元財務相)

没日:2015年9月19日(享年93歳)
死因:肺炎

「塩爺」の愛称で親しまれ、小泉内閣で財務大臣を務めた塩川さん

塩川正十郎さん
塩川正十郎さん
主な活動

 慶應義塾大学経済学部へ入学。在学中に学徒出陣で出征。終戦後、会社を設立し経営者となった塩川正十郎さん。その後青年会議所や信用組合の幹部、市役所の助役を経て1967年の衆議院議員総選挙で旧大阪4区より当選、国会議員となりました。

 自由民主党内では森喜朗、三塚博、加藤六月らと共に安倍派四天王と称され、安倍晋太郎の総裁就任が悲願でした。税制など経済政策に精通しており、地価税を導入した時の党税制調査会長として知られています。2001年自民党総裁選挙で森派の後輩・小泉純一郎の選挙対策本部長を務め、その後成立した第1次小泉内閣で財務大臣に就任しました。

 金融実務や党税調会長の経験を生かし、小泉構造改革の旗振り役を務め、第1次小泉第1次改造内閣でも留任し、第1次小泉第2次改造内閣発足時に退任、第43回衆院選不出馬で引退をしました。

 政界引退後は、日本相撲協会運営審議会委員、東洋大学総長、財団法人国民政治協会会長、自由国民会議代表、時代を刷新する会会長のほか、音楽番組『ベストヒット歌謡祭』(日本テレビ系列)では、大会実行委員会名誉会長を務めていました。

 また、2004年には東洋大学に於いて「塩川正十郎奨学金」を創設するなど、精力的に過ごされていました。

 塩爺(しおじい)の愛称で、多くの国民に愛された塩川正十郎さんの安らかなご永眠をお祈りいたします。

日本人の死因第3位、高齢者の発症が多い肺炎

 日本人の死因第3位である肺炎。2011年の死亡数は12万4652人で、全志望者に占める割合の約10%となっています。年齢階級別にみると、65歳以降から年齢が上がるについて死因の構成割合が高くなります。

関連記事
  1.  ・死因第3位の「肺炎」は予防できる? できない?
  2.  ・肺炎(家庭の医学)

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.