日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 医師2887人に聞いた「患者と恋に落ちるのってアリ?」
印刷

トピックス

医師2887人に聞いた「患者と恋に落ちるのってアリ?」

患者との恋愛、半数超の医師が「避けるべき」

 田島健=日経メディカル

 クリスマス直前。恋人たちが愛を語り合う季節がやってきました。

 今回の「医師1000人に聞きました」は、そんな甘い雰囲気が漂う季節だから、というわけでもないのですが、「患者さんとの恋愛についてどう思いますか」という意識調査を行ってみました。

 この質問、Yes/Noで聞いてしまうと、「どちらかといえばNo」を含めて、ほとんどが「No」になってしまうことが想像されましたので、今回は選択肢をたくさん作り、できるだけ答えがばらけるように工夫してみました。

 まずは、設問2についての回答分布です。回答者数は2887人。設問は「医師の立場で出会った患者さんと恋愛関係(相思相愛の関係)になることについて、どう思いますか。ご自身のお考えに最も近いものを1つだけお選びください」です。

 選択肢は7つ。「患者と恋愛関係になるなど、考えられない」の厳格否定派から、「患者が相手であることは全く問題ない」の全面容認派まで、段階的にグラデーションをつけました。一つだけ、異質な「その時点で医師と患者の関係になければ、許されるかもしれない」という選択肢は、事前ヒアリング(n=1)の意見を反映させたものです。

[画像のクリックで拡大表示]

 結果は、上のグラフの通り。やはり青系の色で示した「避けるべき」派の方が多く、全体の3分の2を占めました。

 自由意見については、次ページで詳しく紹介しますが、先に代表的な意見をいくつか紹介しておきます。まずは、「避けるべき」派のご意見から。

・患者として対面した時点から、相手は治療すべき対象となります。その相手を女性として、恋愛の対象として意識する、などということはあり得ません。それだけは最低限のモラルとして医療を行ってきました。(50歳代男性/一般外科)

・プロ失格。同等な立場でこそ恋愛は成立する。圧倒的な優位性のある医者が患者に手を出したら、精神科医なら除名が当然。(50歳代男性/精神科)

 そして、「仕方がない」派のご意見です。

・医者である前に、人間だから仕方ないと思う。もしも患者でないシチュエーションで会ったら、何の抵抗もなく恋愛におちいった可能性が高いわけでしょうから。(60歳代男性/消化器内科)

・好きになったのがたまたま患者であっただけ。もちろん、他の患者の前で、私的な会話や行動をとるのは論外。医師の立場を利用して、相手に不利益なことをするのも論外。(60歳代女性/麻酔科)

女性と若手に「厳格否定派」が多い?

 男女差があるかどうかを見たのが、下のグラフです。女性医師の回答では「患者に恋愛関係になるなど、考えられない」の厳格否定派が36.6%と飛び抜けて多く、代わりに「患者が相手であることは全く問題ない」「相手が患者であっても、さほど気にする必要はない」といった容認派は少なくなっています。

[画像のクリックで拡大表示]

 そして、この結果を、回答者の年齢別に見てみると、下図のように、若手医師の方が総じて禁欲的(?)な傾向にあることが分かりました。

[画像のクリックで拡大表示]

 ちなみに、同じアンケートの設問1では、「これまで、医師の立場で出会った患者さんと恋愛関係(相思相愛の関係)になったことはありますか」を聞いています。「ある」を選んだ医師は129人で、全回答者の5.0%。男女別に見ると、5.1%と4.3%で男性の方が若干多く、年齢別に見ると、年を重ねるごとに患者との恋愛経験がある医師の割合が増えていく傾向にありました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.