日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 医師2887人に聞いた「患者と恋に落ちるのってアリ?」  > 3ページ目
印刷

トピックス

医師2887人に聞いた「患者と恋に落ちるのってアリ?」

患者との恋愛、半数超の医師が「避けるべき」

 田島健=日経メディカル

設問2「医師と患者の恋愛は…」に
「ある程度は自制するが、そうなってしまったら仕方がない」
と回答した医師の自由意見

・患者さん(女性)と結婚した先輩医師がいますが、自然な感情ですし、出会いは縁だと思います。(60歳代女性/循環器内科)

・法的には問題がないが人聞きは悪い。(50歳代男性/循環器内科)

・同期に患者と不倫した医師がいます。意外に多いかもしれないですね。医師も恋愛好きな人の割合は、医師以外の人と変わりないと思います。(50歳代女性/整形外科)

・以前に同僚で患者さんとの恋愛を見ているので悪くないとは思っているが難しそうだった。(40歳代女性/小児科)

・本当の意味の恋愛感情と言えない場合があるのでできれば避けるのが望ましいが、なってしまったのなら人間対人間のことで仕方ない。(50歳代男性/耳鼻咽喉科)

・遊びでなければ大変結構なことだと思います。(60歳代男性/消化器内科)

・患者は医師に対し弱い心理的立場になりやすく、フェアではないので避けるべきだが、個人の自由の領域でもあり、バランスを取ってそう考える。(30歳代男性/精神科)

・医師と患者の関係を、恋愛関係のように間違って捉える状況もありうるので、基本的には慎重に行動するべきであると思うが、本当に素晴らしい異性と出会えたならその恋愛関係を否定する必要はないと思うから。(40歳代男性/眼科)

設問2「医師と患者の恋愛は…」に
「その時点で医師と患者の関係になければ、許されるかもしれない」
と回答した医師の自由意見

・病気が治ったうえでなら、まぁ問題ないかと。ただし、自分は精神科なので再発した場合の主治医はできないと思う。(30歳代男性/精神科)

・職務を離れたところでは恋愛は自由だと考えるから。(50歳代男性/循環器内科)

・出会いは突然だから。(30歳代男性/耳鼻咽喉科)

・研修医のころの話。好意をもたれ、その母親からも「デートしてやってください」と頼まれてしまった。母子家庭の人。「いい兄貴分」になって、楽しい思い出を作ってあげました。(50歳代男性/その他の外科系専門科)

・知ってる医師にこのパターンで結婚した人がいるので、特に違和感を感じない。(50歳代男性/一般内科)

・治療中は治療の支障になることが多いと思われるので禁忌。治療関係になければ仕方ないかも。しかし、再び自分では診ないという覚悟が必要。(50歳代男性/精神科)

人間対人間ですから、いろんなことがありうるとは思いますが、一応プロとして節度は必要でしょう。(50歳代男性/総合診療科)

・狭いコミュニティで勤務する場合など、いずれかの段階で医師と患者の関係になる可能性は高いから。(30歳代男性/整形外科)

設問2「医師と患者の恋愛は…」に
「相手が患者であっても、さほど気にする必要はない」
と回答した医師の自由意見

・精神科のように、仕事が恋愛感情と直結しやすい場合はまずいと思うが、それ以外だったら、関係なさそうだ。(60歳代男性/麻酔科)

・公私の区別がついていれば、恋愛は個人の自由。(50歳代男性/一般内科)

・なにが問題なのか、よくわからない。(50歳代男性/消化器内科)

・魚屋と客が恋愛して何が悪いのかわからない。それと同じ。(40歳代男性/その他の診療科)

・知り合いで2組います。看護婦と患者は5、6組います。きっかけは何であっても好きなるものはしょうがないと思います。私の場合は内科なので入院患者さんは対象にはなりませんでしたが整形外科などだったら、ありでしょう。(50歳代男性/総合診療科)

道徳に背くものではないため。(30歳代男性/呼吸器内科)

・患者と相思相愛になれるのであれば、特には問題ないと思う。他の患者と待遇に差が出てくるのは問題であるが。またなんらかの目的で近づいてきている可能性もあるので、本当に恋愛関係にあるのか、別の意図があるのかは慎重に判断しなければならないと思う。(20歳代女性/その他の診療科)

・生徒と先生の恋愛みたいなもの。積極的に避ける理由はない。(50歳代男性/一般内科)

設問2「医師と患者の恋愛は…」に
「相手が患者であることは全く問題ない。通常の恋愛と同列に考えればよい」
と回答した医師の自由意見

・普通に 医療とは関係なく 付き合えれば、問題ないと思う。(60歳代男性/整形外科)

・理由などない。(50歳代男性/その他の診療科)

・恋愛感情ってそういう物ではないでしょうかね、相手が患者だとか関係ないのでは?自分には経験は無いですが。(50歳代男性/循環器内科)

・お互い人ですから。(50歳代男性/整形外科)

・チャンスの一つ?(60歳代男性/その他の外科系専門科)

・結婚しました。(60歳代男性/一般内科)

・医師であることを利用して恋愛に発展する、医療判断に歪みを生じさせるのは許されないが、医療と恋愛を独立して行うのであれば、家族の治療に関与することと同様に問題ないと思う。(40歳代男性/循環器内科)

・きっかけは様々だから。(40歳代男性/救急科)

・教授も患者と結婚した。別に悪いこととは思えない。(40歳代男性/一般内科)

・不倫でなければ自由。(40歳代男性/産科・婦人科)

この記事は、日経メディカル2014年12月22日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテク

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.