日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > コロナ患者、なぜ減らないのか 受診すべき症状とは?
印刷

トピックス

コロナ患者、なぜ減らないのか 受診すべき症状とは?

 増谷彩=ライター

ソーシャルディスタンス(社会的距離)に手指消毒・手洗い、マスク着用――。こうした感染予防策を行っていても、新型コロナウイルス感染症はなかなか減らないのはなぜなのか。例年であれば多くの人が移動し交流が増える年末年始が近づく中、新型コロナウイルス感染症の患者数と重症者数は減る兆しが見えない。患者の治療に当たっている国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那賢志医長に話を聞いた。

写真はイメージ=(c)maridav-123RF

「密集・密接・密閉」だと感染が広がりやすい

新型コロナウイルス感染症と同じく飛沫感染するインフルエンザですが、今シーズンは例年に比べ大幅に少ない状況が続いています。インフルエンザがこれだけ抑えられているのに、新型コロナウイルス感染症の感染が抑えきれていないのは、それだけ感染力が強いということでしょうか。

国立国際医療研究センター国際感染症センターの忽那賢志医長

 そうですね、感染力が強いというより、新型コロナウイルス感染症は「特徴的な環境」で感染が広がりやすいということだと思います。特徴的な環境とは、3密(密集、密接、密閉)のことです。実際、感染の9割超が屋内で発生していたという論文があります(*1)。

 また、感染しても無症状の人が一定の割合でいるのも感染が広がりやすい理由の一つでしょう。そうした人の割合はまだはっきり分かっていませんが、これまでの報告ではおよそ3~8割の人が感染しても無症状であったといわれています。クルーズ船ダイヤモンド・プリンセスでPCR検査陽性だった人のうち、6割弱は無症状でした。

 なお、新型コロナウイルス感染症に感染してから、何らかの症状を発症するまでの潜伏期間は1~14日と幅がありますが、多くの人がおよそ4~5日で発症します。感染した人が、他人に感染させる期間は発症の3日前から発症後5~10日まであり得るとされています。

インフルエンザやかぜと症状で区別するのは難しい

どのような症状が出たら、新型コロナウイルス感染症を疑うべきでしょうか。インフルエンザやかぜと症状で区別できますか。

 新型コロナウイルス感染症の典型的な症状は、発熱、咳(せき)、だるさ、食欲低下、息切れ、痰(たん)、筋肉痛、嗅覚・味覚障害などといわれています。まれですが、目の充血、嘔吐(おうと)、血痰(けったん)が起きたり、血液が固まりやすくなったりすることが分かっています。

 かぜやインフルエンザの症状も、新型コロナウイルス感染症に似ています。かぜはゆっくりと発症し、微熱、鼻水、のどの痛み、咳などが数日続きます。それに対し、インフルエンザは比較的急に発症し、高熱と咳、のどの痛み、鼻水、頭痛、関節痛などが3~5日続きます。かぜに比べると高熱が出やすく、頭痛や全身の関節痛・筋肉痛を伴うことがあります。

 このうち、息切れや嗅覚・味覚障害はかぜやインフルエンザではなかなか起こらない症状ですので、新型コロナウイルス感染症を疑うきっかけになります。しかし、新型コロナウイルス感染症の症状はかぜやインフルエンザの症状とよく似ているので、ご自身で判断するのは非常に難しいと思います。私も区別が付かないことがあるくらいです。ですから、症状だけで「これはかぜだから受診しなくても大丈夫だな」などと判断しない方がいいでしょう。

*1 Tommaso Celeste Bulfone,et al.J Infect Dis.2020 Nov 29;jiaa742.

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.