日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 英国で急増する新型コロナ変異ウイルスは何が怖いのか
印刷

トピックス

英国で急増する新型コロナ変異ウイルスは何が怖いのか

感染力は最大1.7倍、重症化や死亡リスクへの影響は不明

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 クリスマス休暇を目前にした英国で、新型コロナウイルスの変異株の感染者が急増し、警戒感が一気に高まっています。既に、英国との人の往来を制限する国が続出しています。

 日本にもこの変異ウイルスに感染した人が現れる可能性は十分にあります。この変異ウイルスについて現時点で得られている基本的な情報を以下にまとめました。

英国で急速に広がる新型コロナウイルスの変異株の特徴は?(写真は従来の新型コロナウイルス、提供:NIAID)

短期間で生じた29カ所もの変異に専門家も驚く

 英国で変異ウイルスの流行に関する情報が広がるきっかけは、英国の保健相Matt Hancock氏の、2020年12月14日の英国議会下院での報告でした。Hancock氏は議会で、イングランドの南東部で、変異ウイルスの感染が急激に増えたことを明らかにしました。

ここからは、2020年4月から、英国内で採取されたPCR陽性標本をランダムに選んで配列を調べているCOVID-19 Genomics Consortium UK(CoG-UK)に所属する英Edinburgh大学などの研究者たちによって、2020年12月19日にVirological.orgに公開されたレポート(*1)と、欧州疾病予防管理センター(ECDC)が2020年12月20日に公開した変異ウイルスの脅威に関する評価レポート(*2)を参照しました。

 この変異ウイルスは、ロンドンの南東に位置するケント州で2020年9月20日に初めて検出され、その後、感染者が急増するとともに、感染地域も拡大しました。海外から持ち込まれたことを示唆するデータはないため、英国内で発生したと考えられています。また、これまでのところ、感染者の多くは60歳未満の人々でした。

 変異ウイルス株は「SARS-CoV-2 VUI 202012/01」(2020年12月に調査中の変異株01)と名付けられました。このウイルスのゲノム配列を、中国の武漢市で最初に分離されたウイルスと比較すると、29個のヌクレオチド(*3)が変化していました。29カ所のうち、ゲノムにコードされるアミノ酸に変化が生じていた(アミノ酸置換が起きていた)のは17カ所でした。

 専門家は、変異が29カ所もあったことに驚きました。新型コロナウイルスの変異の速度は、平均すると1カ月に2カ所と推定されています。しかし、英国における最初の検出が9月であったことを考えると、この変異ウイルスの変異の速度は通常より速いと考えられます。どのような原因で変異が加速されたのかは不明です。

 ここからはやや専門的になりますが、ウイルスゲノムの変異のなかで、人への感染の影響が最も懸念されるのは、ウイルスの表面を覆っているスパイク蛋白質をコードする遺伝子に生じたアミノ酸置換です。この変異ウイルスのスパイク蛋白質のアミノ酸配列には、8カ所(69-70の欠失、144の欠失、N501Y、A570D、P681H、T716I、S982A、D1118H)に置換が認められました。

 それらのうち、N501Y は、スパイク蛋白質が人の細胞の表面にある受容体に結合する際に重要な部位に存在しており、この変異があると、ウイルスと受容体の結合親和性が高まる(ウイルスと受容体が結合しやすくなる)ことが示されています。また、P681Hという変異は、気道上皮細胞へのウイルスの侵入を容易にする部位に存在する変異であるため、感染しやすさに影響する可能性が示されています。実はこれまで、これら2つの変異が同時に生じているウイルスは見つかっておらず、両方の変異を持つウイルスがどのような特性を持つのかは不明です。

 それでも、英国南東部において、短期間のうちにこの変異ウイルスが、それまで流行していたウイルスに置き換わったことは、感染において有利な特性を持つことを示唆します。

1/2 page

最後へ

次へ

新型コロナ
キーワード一覧へ
日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.