日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 辛い“引き算”ではない「夜バナナダイエット」って?
印刷

トピックス

辛い“引き算”ではない「夜バナナダイエット」って?

【“正月太り”解消大作戦 その1】「〇〇抜き」じゃないからストレスがたまらない!

 伊藤和弘=フリーライター

いよいよ2016年も本格始動! お正月の間にすっかり太ってしまったアナタに、画期的なダイエット法を紹介したい。その名は「夜バナナダイエット」。従来の「〇〇を抜く」引き算型ではなく、「夕食の前にバナナを食べる」という斬新な足し算型ダイエットだ!

「〇〇抜き」ダイエットはどうしてもストレスがたまる

 ほとんどの人は1回や2回はダイエットに挑戦した経験があるだろう。しかしご存じの通り、目標を達成するのはなかなか難しい。2015年10月、トレンド総研が20~40代の女性500人に行った調査によると、2015年にダイエットを始めた人のうち、「目標体重に到達し、ダイエットに成功した」人はわずか17%しかいなかったという。

 ダイエットの基本は「食べない」こと。実際、同じ調査でどのようなダイエットを行ったか聞いてみると、「炭水化物抜き」や「夕食抜き」など、特定の栄養素や食事を“抜く”ものが目立った。しかし、“抜く”ダイエットはどうしても辛さが伴う。「ストレスがたまりやすい」「食欲を我慢するのが難しい」「集中力が低下した」など、多くの体験者がその苦しさを挙げている。

「〇〇抜き」ダイエットで感じたデメリット(データ提供/ トレンド総研)
[画像のクリックで拡大表示]
「〇〇抜き」ダイエットで感じたデメリット(データ提供/ トレンド総研)

 そんな中、今までの常識をひっくり返す画期的なダイエット法が登場した。松生(まついけ)クリニック(東京都立川市)の松生恒夫院長が提唱する「夜バナナダイエット」だ!

発想の基本は「ごはんを食べられなくする」こと

夕食前にバナナを2本食べるだけ!(©Hieng Ling Tie 123-rf)
夕食前にバナナを2本食べるだけ!(©Hieng Ling Tie 123-rf)

 方法は簡単。夕食の30分前にバナナ(可食部80~100g程度)を2本食べて、食後にお湯か温かい緑茶を約200ml飲むだけ。何かを抜くことはなく、ただバナナを足すだけなので、従来の“引き算”型ダイエットに対して、“足し算”型のダイエットということになる。

 子供の頃、夕食前にお菓子を食べて、「ごはんが食べられなくなるでしょ!」と母親に叱られた経験はないだろうか? 要するに「夜バナナダイエット」とは、これを意識的に行って「ごはん(夕食)を食べられなくしよう」という発想。高カロリーで栄養バランスの悪いお菓子の代わりに、低カロリーで栄養バランスのいいバナナを食べるわけだ。

 松生院長は次のように説明する。

 「引き算のダイエットはストレスを感じますが、夕食の前にバナナ2本をプラスする足し算のダイエットはしっかり満腹感を得られます。一般に満腹感は食べたものの容積に比例する。バナナは1本(100g)あたり86キロカロリーと、白米やパンに比べて容積あたりのカロリーが低いことがポイントです」

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.