日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 【PR】体の侵入口で病原体を阻む「粘膜免疫」
印刷

トピックス

【PR】体の侵入口で病原体を阻む「粘膜免疫」

鼻から、腸から。守りを強化する秘策を聞く

私たちの健康維持のために不可欠な機能として、ますますその重要性がクローズアップされている免疫機能。特に近年、ウイルスなど感染症を引き起こす病原体の侵入口となる鼻や口、喉に備わる「粘膜免疫」の働きに注目が集まる。この粘膜免疫に関し、新しいワクチンの開発という視点で研究を行っているのが、三重大学大学院医学系研究科の野阪哲哉教授。一方、乳酸菌などの食品による粘膜免疫維持の可能性を探るのは大塚製薬大津栄養製品研究所の甲田哲之所長だ。そんなお二人に、今、私たちが粘膜免疫を高めるために気を付けるべき点や対策について聞いた。

Part1:今こそ知っておきたい 「粘膜免疫」とは?

感染症の原因となる病原体は、鼻、口から体内に侵入する

西沢邦浩研究員(以下、西沢) 今回は「免疫最前線」というテーマのもと、ともに「粘膜免疫」という分野で研究を行われている野阪先生と甲田所長にお話を伺います。まず、野阪先生は新しいタイプのワクチン開発をされています。

野阪哲哉教授(以下、野阪) これまでに白血病発症の分子メカニズム、ウイルス、免疫などに関する研究を行ってきました。その過程で、目的とする遺伝子を細胞内に運搬する「運び屋ウイルス」である「ウイルスベクター」を用いると非常に効果的に免疫を高められることを見いだしました。現在、鼻から噴霧する経鼻ワクチンの開発を行っています。

西沢 一方、甲田所長も長年、粘膜免疫に着目し食品成分の機能性研究を行っておられます。

甲田哲之所長(以下、甲田) 大塚製薬では1988年に腸をターゲットにした食物繊維を含む飲料を開発しましたが、当時、その腸を刺激することで粘膜免疫を高める、という研究が発表され始めていました。そこで2000年に大津栄養製品研究所を開設し、粘膜免疫を高める研究を新たに開始しました。2003年に、粘膜免疫の中心的役割を担う抗体、IgA(免疫グロブリンA)の分泌量を増やす働きがある乳酸菌を発見、その後も唾液中IgA分泌促進作用や感染症抑制機能などの研究を続けています。

西沢 野阪先生は鼻から、甲田所長は腸から、と、異なる角度から、粘膜免疫を研究されているのですね。この粘膜免疫とはどういった働きを持っているのでしょう。

野阪 風邪などの感染症の原因になる病原体の侵入を阻み、もし侵入したとしても体の中で戦い、排除するのが「免疫」という仕組みです。そして、感染の原因となるウイルスの最初の侵入口となるのが、鼻や喉の奥にある粘膜。多くのウイルスは粘膜にくっつくとおよそ10~20分で粘膜の細胞の中に完全に入り込みます。

西沢 病原体は粘膜から侵入することで感染を引き起こすのですね。

野阪 だからこそ、感染を防ぐには、ウイルスの侵入口となる「粘膜」という最前線の砦で、門番として侵入を阻む粘膜免疫が重要になるわけです

西沢 甲田所長は約20年前から粘膜免疫に着目し研究を行われてきましたね。粘膜免疫にフォーカスされたきっかけはあったのですか。

甲田 私どもは腸と栄養、という視点で健康に寄与する新たな食品の研究開発を始めたのですが、当時の多くの研究はNK細胞の活性など、体内に病原体が侵入した後の排除機構である「全身免疫」に注目するものでした。もちろん全身免疫も重要です。しかし、手洗いやマスクをするように、まず病原体の侵入を防ぐため、粘膜免疫を高めることがさらに重要なのではないかと考えたのです。そこで、粘膜免疫の指標となる唾液中のIgA分泌量にこだわり、研究を行ってきました。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.