日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 【由美かおるさん】抜群のスタイル、健康、キレイの秘密は毎日の呼吸法から  > 3ページ目
印刷

トピックス

【由美かおるさん】抜群のスタイル、健康、キレイの秘密は毎日の呼吸法から

 氏家裕子=ライター

――由美さんから、西野流呼吸法がより効果的になるための「華輪」(かりん)という動作を教えてもらう。両足を肩幅に広げ、膝を緩めて曲げ、軸がずれないように、体をねじりながら口から息を吐き出す。右左に、ぶらんぶらとねじることを繰り返す。火消しの纏(まとい)のような動きで、ウエストラインをキレイにする効果もあるとのこと。

「華輪」の動作。息を吐き出しながら体をねじる。
[画像のクリックで拡大表示]

由美 木が根っこから水を吸い上げるように、足の裏から吸い上げますよ。華輪の場合は、腰まで吸って、足の裏に吐き出します。

寺西 簡単そうに見えて難しいですね。

由美 はい。でもこれをやってから先ほどの天遊などの呼吸法をしたほうが、よりスムーズです。60兆個の細胞がよみがえって、五臓六腑の働きが活発になってくると、宇宙の中で存在しているんだなと感じられるようになります。

呼吸法は寝ながらでもOK?!

鈴木 私は、“ずぼら式”の西野流呼吸法をやっています。これは寝ながらやっていいんです。朝起きた時に、布団に横になった状態で、先ほどの呼吸法をするんです。今は週に2回ほどやっていますが、すこぶる調子がいいですよ。肩こりが解消しました。

由美 2回よりももっとやっていただくほうがいいですね。

寺西 寝ながらというのはどうやるんでしょうか。

由美 目が覚めたときに、丹田に手を当てて、寝たままで先ほどの足芯呼吸をするだけです。

鈴木 寝ながらやるのは本当におススメですよ。

日本経済新聞編集委員 鈴木亮
[画像のクリックで拡大表示]

寺西 由美さんは朝起きたら呼吸法をしているんですか?

由美 まずは起き上がる前に、足芯呼吸をして、そのあとに布団から出て、華輪も合わせてだいたい30分くらいはやっています。

鈴木 そのあとは朝ごはんを食べるんですか?

由美 はい。ご飯が好きです。お味噌汁にいっぱいの野菜を入れて具だくさんにして。卵も、焼き魚も、お肉も好きです。

鈴木 朝からお肉を食べるんですか?

由美 いつでもなんでもおいしく食べられます。注意したいのは、食べた後は血液が胃腸に行っていますので、呼吸法は食後1時間ほど空けてから行ってください。

寺西 1日何回やってもいいのでしょうか。

日経Gooday編集長 寺西 芝
[画像のクリックで拡大表示]

由美 いいですよ。寝る前も、お風呂上りにやるとよく眠れますし。短時間睡眠でもゆっくりと眠ったような感じになると思います。

鈴木 由美さんのようにキレイでいるには、素材を生かした旬のもので、食べたいものを食べる。呼吸法をする。新しいことにチャレンジする。この3つですね。

由美 あとは、いつも感動しています。やはり人間は愛が一番大切だと思いますので、その愛を表現して、情熱的に生きたいです。


――最後に、西野流呼吸法を考案した西野皓三氏の写真が会場に映し出された。180度に開脚した姿は、なんと91歳の誕生日のときの姿だということで、会場からは大きな驚きの声が上がった。由美さんは「私もこのように年を重ねて行ければいいなと思います」と目標を語ったところで、講演会は終了時間を迎えた。

(写真:中村嘉昭)

由美かおる(ゆみ・かおる)さん
女優
由美かおる(ゆみ・かおる)さん 京都生まれ。1962年、西野バレエ団入団。66年、よみうりテレビ『11PM』に師である西野皓三氏の企画・構成・振付の歌と踊りでデビューし、たちまちマスコミで話題になる。石原裕次郎氏から相手役にとの要請で、映画『夜のバラを消せ』に出演。その後、松竹映画、東宝映画で数々の作品のヒロインを演じる。テレビでは『水戸黄門』では25年の長期にわたりレギュラー出演するなど、各方面で活躍。現在、全国の企業、公共団体や、医学系学会で西野流呼吸法の講演を実施している。合気道4段。
鈴木 亮(すずき・りょう)
日本経済新聞編集委員、キャスター
鈴木 亮(すずき・りょう) 1985年、早稲田大学政治経済学部卒。同年、日本経済新聞社入社。東京本社編集局証券部記者、兜記者クラブキャップなど経て、1997年、欧州総局(ロンドン)駐在特派員。東京本社編集局証券部次長、日経金融新聞副編集長、月刊誌「日経マネー」編集長、日経電子版マネー編集長兼マーケット編集長などを歴任。現在、編集委員兼キャスター。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈NEW

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.