日経グッデイ

トピックス

あなたは大丈夫? 大半が「目薬の使用期限守れてない」

デスクワーカーの重要アイテム「目薬」、使用期限は開封後1~2カ月を目安に

 鈴木 英子=ニューズフロント

 参天製薬がデスクワーカーを対象に実施した調査(調査期間:2015年11月12日~16日)の結果によると、7割以上が目薬を使用しているものの、大半が目薬の使用期限を気にしていない。

空気が乾燥する冬場は目の疲れを感じやすい

 デスクワーク中心の業務を行っている20~40代の会社員男女500人に、仕事中に感じる目の不調を尋ねたところ、「疲れ」(75%)がトップに挙げられた。次いで「乾燥」(57%)、「かすみ」(34%)、「かゆみ」(20%)、「充血」(18%)と続いた。

 冬は目の疲れを感じやすいと思うかとの質問に対しては、58%が「そう思う」と答えた(図1)。参天製薬によると、実際に空気が乾燥する冬は、目の表面を覆っている涙が蒸発することで、目の疲れを感じやすくなる。

図1◎ 冬は目の疲れを感じやすいと思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 回答者の71%が普段目薬を使っており、外出時に目薬を持ち運ぶ人、オフィスに目薬を置いておく人はいずれも46%にのぼった。

 目薬を購入する頻度は「2~3カ月に1回くらい」(23%)との回答が最も多く、4人に1人以上(28%)は目薬を買い置きしておくことがあるという(図2)。

図2◎ 目薬を買い置きしておくことはあるか
[画像のクリックで拡大表示]

 目薬選びのポイントとして重要だと思うことを尋ねると、男性は「気になる症状にあった効能・効果が期待できる」(30%)が最も多く、女性は「コンタクトレンズ着用のまま点眼できる」(47%)が1位だった。

目薬の使用期限を守っている人は少数派

 使用中の目薬の使用期限をチェックしているか聞くと、7割(70%)が「していない」と答えた。特に20代はチェックしている人が3割未満(27%)にとどまり、使用期限に無頓着な傾向が高い(図3)。

図3◎ 使用中の目薬の使用期限をチェックしているか
[画像のクリックで拡大表示]

 また、約3割(29%)が「1年以上前に購入した開封済みの目薬を使ったことがある」と答えており、期限切れの古い目薬を点眼している可能性がある人も少なくないことが分かった。薬の品質や効き目が変化しやすい目薬は通常、開封後1~3カ月に使い切るのが望ましいとされている。

関連記事
市販薬は開封後、いつまで使っていいの?