日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 深刻な健康問題もたらす「ゲーム依存」。なりやすいのはどんな人?  > 3ページ目
印刷

トピックス

深刻な健康問題もたらす「ゲーム依存」。なりやすいのはどんな人?

ゲームと病気(上)

 塚越小枝子=ライター

 「例えば、サッカーで上達してプロになるには相当の努力が必要ですが、ゲームは簡単にうまくなるようにできています。彼らは現実生活のストレスやトラブルを避けて、簡単に称賛が得られたり、居場所が見つかったりするゲームの世界へと逃げ込んでしまうのです」(樋口さん)

 ゲームにのめり込むほどに感情をコントロールできなくなり、「性格が変わったみたいに突然キレたようになる」と表現されることもよくあるという。

 「ゲームの中で人を殺したりしているわけですから、そうしたバーチャルな世界とリアルな世界の区別ができなくなっていくことは容易に想像できます。しかし、ゲームの種類にかかわらず、依存していると攻撃的になるというのは、概して世界的に同じ傾向のようです」(樋口さん)

 このようなゲーム依存の影響が毎日の生活に広がると、親子の間にあつれきが生じる。思春期の男子の場合、多くは暴力など攻撃の矛先が母親に向かうので、受診する時点では疲弊しきっている母親も少なくないという。

「やり過ぎ」と「依存」の境目は?

 こうした背景を知ると、「自分の子ども(または自分自身)も危ないかも?」と気になる人もいるだろうが、「やり過ぎ」と「依存」の境目は分かりにくい。樋口さんによれば、「ゲームの過剰使用がある」ことと「そのために何か明らかな問題が生じている」ことがセットで起こっていれば依存が疑われる。

 例えば朝起きられない、睡眠時間が短くて昼間居眠りする、仕事のパフォーマンスが落ちている、勉強しないために成績が落ちる、など少しでも日常生活に問題が起きていないかを振り返ってみよう。また、周囲の人からやり過ぎを指摘されたときにカッとなったり、むきになって否定したりする場合も、依存が進行していることの表れかもしれないという。

 「明らかに度を越えた状態にありながら、それを指摘されると急に怒り出したりするのは“否認の病”ともいわれる依存症に特徴的な反応です。外来を受診する子どもたちもゲームをやめることには抵抗しますし、家庭で親御さんと争って、暴力を振るったりするケースも珍しくありません」(樋口さん)

ゲーム依存になりやすいリスク要因は?

 なお、樋口さんらが2016年、ゲーム依存に関する13の縦断研究(同一の対象者を一定期間追跡する疫学研究)をレビューしたところ、ゲーム依存のリスク要因も浮かび上がってきたという(*1)。次のような人は、そうでない人に比べゲーム依存になりやすい傾向があるかもしれない。

【ゲーム依存になりやすいリスク要因】

  • ゲームを始めた時期が早かった
  • ゲーム時間が長い
  • ゲームを原因とする問題がある
  • 父子家庭・母子家庭で育った
  • (親もゲーム好きなど)ゲームを肯定する傾向が強い
  • 男性である
  • 友人がいない(少ない)
  • 衝動性が高い

 依存が進行していることが疑われる状態なら、家族だけで抱え込まず、外部の力を借りるほうがいい。親や家族が言って聞かなくても、学校の先生や友人の言うことには従うというケースもあるという。医療機関に相談する場合、専門の病院や医師は少ないのが現状だが、まずは地域の精神保健福祉センターや以下のリストにある病院を参考に相談してみよう。

依存症専門病院リスト(国立病院機構久里浜医療センターホームページより)

 ゲーム依存の進行は早く、長引くほど回復も難しくなってしまう。様子を見ても自然に良くなることはまずないので、できるだけ早い段階で適切な対応をしたい。できれば依存に陥る前に防ぎたいものだ。次回「親は必読! ゲーム依存を防ぐルール作り、5つの必須条件とは?」はゲーム依存からの回復、家族の対応や予防策について、お伝えする。

*1 Mihara S,et al.Psychiatry Clin Neurosci. 2017;71(7):425-444.

(図版作成 増田真一)

樋口進(ひぐち すすむ)さん
独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長
樋口進(ひぐち すすむ)さん 1979年東北大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部精神神経科学教室に入局、1982年国立療養所久里浜病院(現・国立病院機構久里浜医療センター)勤務。米国立衛生研究所(NIH)留学を経て1997年国立療養所久里浜病院臨床研究部長。2012年から現職。日本アルコール関連問題学会理事長、WHOアルコール関連問題研究・研修協力センター長、WHO専門家諮問委員(薬物依存・アルコール問題担当)

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.