日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > ノロウイルスで嘔吐! どうやって消毒すればいい?  > 2ページ
印刷

トピックス

ノロウイルスで嘔吐! どうやって消毒すればいい?

ノロウイルス徹底対策【後編:消毒法】

  大西淳子=医学ジャーナリスト

いざ、嘔吐物処理(1)―塩素系漂白剤が利用可能な場合

 まず、消毒液の希釈法から。市販されている主な塩素系漂白剤の次亜塩素酸ナトリウム濃度は、キッチン用、白物衣類用ともに約5%。本体についているキャップを用いて測定する場合、キャップ1杯は約25mLとなるので、希釈方法は以下のようになります。

次亜塩素酸ナトリウム入り消毒液の希釈法
濃度希釈法用途
1000ppm消毒液(濃い消毒液)水1Lに20mL(キャップ1杯弱)を入れる嘔吐物や便中のウイルスの感染性をなくす
200ppm消毒液(薄い消毒液)水5Lに20mL(キャップ1杯弱)を入れる汚染箇所の拭き取り、食器、布類の浸け置き
注意1)消毒液と酸性の強い洗剤とを混ぜると有毒ガスが発生し危険!
注意2)希釈液をスプレー容器に入れると、噴霧時に目に入る危険性あり!
注意3)保存しておくと数日で消毒効果が低下するため、その場で希釈する(市販品でも長期間保存すると次亜塩素酸ナトリウム濃度は低下)

 塩素系漂白剤を希釈した消毒液を作ったら、ペーパータオルをたっぷり使って嘔吐物を幅広く覆い、上から嘔吐物と同量程度の1000ppm消毒液(濃い消毒液)を静かにかけます。へらなどを使って外側から内側へよせながら取り除き、2重にしたビニール袋に入れます。

 この段階が終わったら、外側の手袋を外してビニール袋に入れ、上から濃い消毒液をかけて、内側の袋の口を縛ります。続いて、嘔吐した位置から半径2.5mを200ppm消毒液(薄い消毒液)とペーパータオルを用いて拭きます。ゴミは先ほど口を縛った内側の袋の上に入れていきます。

 作業が終わったら、薄い消毒液をしみこませたペーパータオルの上に立って足カバーを消毒し、エプロン、マスク、手袋とともに注意深く外します。外側は汚染されていると考えて行動したほうが安全です。先ほどから使用してきたゴミ袋に入れ、薄い消毒液をかけて口を縛ります。

 塩素によって床が痛む可能性があるので、最後に、消毒した範囲を水拭きします。

いざ、嘔吐物処理(2)―塩素系漂白剤が利用できない場合

 カーペットやソファー、布団などに塩素系漂白剤を使用すると、変色したり劣化したりしてしまいます。その場合は、熱湯を使ってウイルスを退治します。この作業のときも、マスクや使い捨てエプロン、手袋などの装着はお忘れなく!

 まず嘔吐物をペーパータオルなどを使って静かにすばやく取り除きます。水分が多い時は、最初に、紙おむつ、生理用ナプキン、ペットシーツなどをあてて吸い取ると、奥までしみこむことを防げます。その後、熱湯による加熱消毒を行います。お湯をたっぷり沸かしてください。

 加熱消毒に便利なのが、ペットシーツです。汚染された場所全体をペットシーツでカバーします。防水面を下、吸水面を上に向け、熱湯を吸水量いっぱいまで注ぎます(商品によって量が異なるので事前に確認のこと)。前編でもご紹介したように、85~90℃で90秒以上加熱すればノロウイルスは感染力を失います。温度の低下を防ぐためにレジャーシート(アルミの保温シートなどがあれば好適)をかぶせ、さらに厚地のバスタオルを重ねて放置します。

 使用したペーパータオル、ペットシーツ、使い捨てウェアなどは、塩素系漂白剤が利用可能な場所の場合と同様に、2重のビニール袋に入れて処理します。熱湯を準備したやかんやポットの消毒も忘れずに行ってください。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.