日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > ノロウイルスで嘔吐! どうやって消毒すればいい?
印刷

トピックス

ノロウイルスで嘔吐! どうやって消毒すればいい?

ノロウイルス徹底対策【後編:消毒法】

  大西淳子=医学ジャーナリスト

症状だけでなく、嘔吐物の処理もつらいノロウイルス。(©stylephotographs-123rf)

 感染力が強く、排除が難しいノロウイルス。前編「徹底解説! ノロウイルスってどんなウイルス?」に引き続き、後編では、職場や家庭内で、ノロウイルス感染が疑われる人が嘔吐したら、どう対処したら良いかを解説します。

 嘔吐物の処理は気の重い作業ですが、やり方を間違えると、周囲にウイルスをまき散らし、自身を含め二次被害を生む恐れが。覚悟と気合いで臨みましょう。

換気をしながらエプロン、マスク、手袋などを装着

 まず、どんな場所にもあてはまる注意事項は、以下の5つです。

  • 嘔吐物を始末する人以外は別の部屋などに避難する
  • 窓を開け、換気を良くする
  • 使い捨てウェア(エプロン、マスク、手袋、靴カバー)を正しく装着する
  • 飛沫を飛び散らさないよう、手早く静かに処理する
  • 処理後もしばらくは換気を続ける

 そして、処理用の「必須グッズ」を使って吐瀉物の処理と消毒を行います。必須グッズのほとんどは100円ショップなどで入手できますので、職場や家庭にあらかじめ保管しておくとよいでしょう。

ノロウイルス・嘔吐物処理の必須グッズ(1~2人で対応する場合。予備も含む)
品名最低個数ヒント使用法など
使い捨てエプロン2枚100円ショップにある割烹着型長袖エプロンや、レインコート、パンツでOK裾が床につかぬよう、エプロンの場合にもレインパンツを併用し、裾はパンツの中にいれる
使い捨て靴カバー2組100円ショップのガーデニング用靴カバーなどが有用
使い捨て手袋4組丈夫なものがよい2重にする
使い捨てマスク4枚1枚が数円の3層式のマスクでOK隙間なく顔に密着するよう装着
ゴーグル2個あれば完璧使用後に要消毒
ペーパータオル厚手を多めに準備消毒面積は20m2
使い捨てペットシーツ(ペットの尿を吸いとるもの)厚手大判を5枚高分子ポリマーを含有し、裏面が防水素材のものカーペットや布団、カーテンなどの加熱消毒に使用
大判ビニール袋厚手を2重にしたものを4組汚物や汚れた衣類を入れる
小型ちりとり、へら、下敷きなど4個両手に持つため、1人あたり2個汚物をペーパータオルと共にすくう
5~10Lのバケツ4個1L、2L、3Lの位置に印を付ける消毒液希釈用、水拭き用
プラスチック性の柄杓や手桶2個消毒液をすくう
消毒液塩素系漂白剤その場で希釈する(次ページ別表参照)2通りの濃度を使い分ける

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.