日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 日本の高齢者は若返っている! 抗老化研究の最前線
印刷

トピックス

日本の高齢者は若返っている! 抗老化研究の最前線

『「100年ライフ」のサイエンス』監修者・樂木宏実さんに聞く

 江田憲治=日経BP総合研究所メデイカル・ヘルスラボ

「人生100年時代と言うけれど、本当にそんな時代は来るのだろうか?」「そもそも人は何歳まで生きることが可能で、健康寿命はどこまで延ばすことができるのだろう?」――。こんな疑問を持っている人は多いはずだ。その鍵を握るのが、エイジング研究の進展。老化の仕組みが明らかになりつつあり、革新的な“制御法”の研究が進められているという。抗老化の最前線を追った書籍『「100年ライフ」のサイエンス』の監修者、大阪大学大学院医学系研究科内科学講座(老年・総合内科学)の樂木宏実教授に、「30代から始める老化制御法」を聞いた。

日本の高齢者が若返っている客観的な証拠

リンダ・グラットン氏の書籍『ライフ・シフト』が世界的なベストセラーになって以来、「人生100年時代」という言葉がよく使われるようになりました(日本では2016年に発刊)。長年、老年医療に携わってきた樂木先生は、「人生100年時代」の可能性をどう見ていますか。

大阪大学大学院医学系研究科内科学講座教授の樂木宏実さん

樂木 私が医師として働きだした36年前、1980年代半ばの80歳は、“随分と高齢”だった記憶がありますが、最近の高齢者は本当にお元気な方が増えています。体の強さや健康観は時代によって変わるため、遠い将来のことは分かりませんが、今の50歳から60歳代やその前後の世代は、十分に100年ライフを目指せる環境にあると見ています。

 現在、約8万人の日本の100歳以上人口は、2050年に50万人を超えるとの推計がありますが、これに違和感はありません。

 100年ライフで課題となるのが、健康寿命の延伸です。2016年時点の平均寿命と健康寿命の差は、男性が約9年(平均寿命=約81歳、健康寿命=約72歳)、女性が約12年(平均寿命=約87歳、健康寿命=約75歳)で、これが「健康上の理由で日常生活が制限される期間」です。このギャップを埋めていくことが、今後ますます重要になるのだと思います。

ギャップを埋めることはできるのでしょうか?

樂木 健康寿命の延伸について、良いエビデンスから紹介しましょう。日本人高齢者は体力的に若返っているというデータがあるのです。図1は1992年と2017年の歩行速度を男女別、年代別に示したものですが、2017年の85歳以上男性の速度を見ると1992年の75歳以上レベル、女性は65歳以上レベルになっているのが分かります。つまりこの25年で、男性は10歳、女性は20歳ほど若返ったと見ることができるのです。

図1 高齢者の歩行速度の推移
2017年の85歳以上の歩行速度を25年前の1992年と比べると、男性で約10歳、女性で約20歳分速くなっている。出所:厚生労働省「人生100年時代に向けた高年齢労働者の安全と健康に関する有識者会議報告書」(2020年)を基に日経BP総研作成
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした傾向は、健康状態や知的能力においても見られており、現在の高齢者は10年前と比べも、総じて5~10歳若返っていることが分かっています。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.