日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > 【PR】食物繊維が通常の2倍以上! 注目の大麦「バーリーマックス」
印刷

トピックス

【PR】食物繊維が通常の2倍以上! 注目の大麦「バーリーマックス」

バーリーマックス研究開発者・トッピング博士/モレル博士インタビュー

 柳本 操=ライター

今話題の大麦のなかでも、飛びぬけて食物繊維を多く含むスーパー大麦「バーリーマックス」。2016年の発売後に、スーパーで品切れが続出したのは記憶に新しい。このバーリーマックスは、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が開発した大麦の品種だ。このほどバーリーマックスの研究開発をともに行ってきたディビッド・ロイド・トッピング博士とマシュー・モレル博士が来日。日経Goodayで、独占インタビューを行った。

腸の健康に大切な食物繊維をバランス良く含む

 近年、穀物に含まれる食物繊維の健康効果が注目されている。そんな穀物の中でも、今、熱い視線を浴びているのが大麦だ。水溶性食物繊維を豊富に含む大麦は効果が期待でき、日々の食生活に取り入れている人が着実に増えている。

スーパー大麦「バーリーマックス」は、食物繊維が飛びぬけて多い大麦だ。

 そんな大麦の中でも今、大きく注目されているのがスーパー大麦「バーリーマックス(BARLEYmax)」だ。2016年に発売された後は、スーパーで品切れが続出するほど人気を博したのでご記憶の方も少なくないだろう。その後も、バーリーマックスを使った食品はどんどん増えており、今ではシリアルだけでなく、サラダのトッピングにそのまま使えるもの、おかゆ、スープなど、さまざまなバリエーションがある。

 コンビニエンスストア大手のファミリーマートも、バーリーマックス入りの商品を積極展開している。バーリーマックス入りの「スーパー大麦おむすび」は10月末時点で約3500万食を達成する人気商品になっている。

 バーリーマックスは、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO=Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation)が開発した非遺伝子組み換え大麦一般の大麦に比べて総食物繊維量は2倍、レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)は4倍と豊富に含むほか、β-グルカンやフルクタンといった水溶性食物繊維もバランス良く含むのが特徴だ。

 詳しくは後述するが、レジスタントスターチは「第三の食物繊維」と呼ばれる今注目の成分。レジスタントとは「消化されない」、スターチとはデンプンのこと。糖質の一種に分類されているが、小腸で消化・吸収されにくい性質を持つ。大腸まで届き腸内細菌のエサになるなど、水溶性食物繊維と同様の働きをする、という特徴がある。

バーリーマックスに含まれる食物繊維
(出典:BARLEYmax Better Nutrition Report)  
[画像のクリックで拡大表示]

 バーリーマックスは、数ある大麦品種の中から選び抜かれた、レジスタントスターチを高含有する「Himaraya292種」を一般消費者が食べられるように商品化したもの。その10年に及ぶ研究開発に携わったのが、ディビッド・ロイド・トッピング博士とマシュー・モレル博士だ。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.