日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 世界初!薄毛リスク遺伝子検査は悩める男性を救うか  > 2ページ目
印刷

トピックス

世界初!薄毛リスク遺伝子検査は悩める男性を救うか

アンファーが開発した薄毛リスク遺伝子検査とは

 塚越小枝子=フリーライター

 「新たな治療薬が加わることによって、一人ひとりが“自分はどちらの薬を選択することがより有意義で適正なのか?”を判断する材料が必要となったのです」と、メンズヘルスクリニック東京院長・小林一広さんは開発の目的を話す。

 この検査は、5αリダクターゼⅠ型およびⅡ型の遺伝子発現量を毛包から測定する技術だ。前頭部・頭頂部から毛髪を5〜6本ずつ、毛包を残した状態で採取し、保存する。特定の遺伝子を増幅させる処理によってⅠ型・Ⅱ型の遺伝子発現量がどのくらいかを解析。フィナステリドとデュタステリドのどちらの薬剤が有効かを選定することができる。

 「データ上はデュタステリドの方が育毛効果がファナステリドの1.5倍高く有効なように見えますが、これはもともと前立腺肥大症の治療薬として承認されていたものが、AGAに適応になった薬です。50代以上の前立腺肥大症の患者さんが飲み続けた場合と、20代・30代のAGA患者さんが長年飲み続けた場合とでは、副作用の現れ方も違うと思われるので、慎重に適応を見極める必要があります。そのためにもこの検査が役立つと考えています」(小林さん)

 「新しいからといって飛びつくのではなく、冷静に患者さんの将来を踏まえたうえで薬を選択していくことが重要です。そのためにこのような検査を取り入れることによって、説得力のある客観的な判断材料の一つとしていただきたい」(井上さん)

将来的にはAGAリスクが判定可能に?

 「AGAリスク遺伝子検査」は、2015年10月21日よりヘアメディカルグループに属する4つのクリニック(※)で始まった。検査費は1万9000円(税抜)。

 現状では、診察時に毛髪を採取し、約1カ月後の次の診察日に解析結果を見て治療薬の選定に役立てるという形での運用だ。今後は、この検査を行った患者の数年後の毛髪状況を調査し、未来のAGA発症リスクの判定に用いる検査にしていきたいという。

 「当院では初診時に来院される患者さんのうち、AGAがまだ発症していない方が約3割を占めます。この調査により相関が証明されれば、将来、薄毛になることへの不安を感じている多くの方の未来も予測できる検査になります」(小林さん)

 従来、AGAの発症には5αリダクターゼⅡ型が関与していることが常識となっていたが、この技術の開発段階で、5αリダクターゼⅠ型も発症に何らかの関係がある可能性を示す結果が得られたという。今後、さらなるデータの蓄積と研究の成果によって、より個別化した薬の選択ができるようになる、AGAを発症していない人の発症を予測するなど、頭髪を取り巻く医療の在り方が変わっていくかもしれない。

 なお、来春にはアンファーからより手軽な簡易検査キットが発売される予定だという。

※メンズヘルスクリニック東京、AACクリニック名古屋、脇坂クリニック大阪、城西クリニック福岡

■男性型脱毛症(AGA)について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。
1日1箱のタバコより格安! AGAを元から抑える方法
男性型脱毛症(薄毛)はなぜ起こる?
飲んで治せる薄毛治療薬の効果はいかに
市販の外用育毛剤の効果や選び方は?

小林一広さん
メンズヘルスクリニック東京 院長
北里大学医学部卒。同大学病院にてメンタルヘルスを中心とする医療に従事した後、医療法人社団ウェルエイジングを設立。頭髪治療専門の城西クリニック、国内初の総合アンチエイジングセンター「AACクリニック銀座」を開院。理事長として従事する傍ら、精神科医としての経験を生かし、心身両面からの治療に取り組んでい る。
井上 肇さん
聖マリアンナ医科大学形成外科学教室幹細胞再生医学(アンファー寄附)講座 特任教授
星薬科大学薬学部卒、同大学院薬学研究科修了。薬学博士・医学博士。幹細胞を用いた再生医療研究、毛髪再生研究、食育からの生活習慣病予防医学的研究、アンチエイジング研究を展開している。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

  • 放置は厳禁! 「脂肪肝」解消のコツ

    人間ドック受診者の3割以上が肝機能障害を指摘されるが、肝臓は「沈黙の臓器」だけあって、数値がちょっと悪くなったくらいでは症状は現れない。「とりあえず今は大丈夫だから…」と放置している人も多いかもしれないが、甘く見てはいけない。肝機能障害の主たる原因である「脂肪肝」は、悪性のタイプでは肝臓に炎症が起こり、肝臓の細胞が破壊され、やがて肝硬変や肝がんへと進んでいく。誰もが正しく知っておくべき「脂肪肝の新常識」をまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.