日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 世界初!薄毛リスク遺伝子検査は悩める男性を救うか
印刷

トピックス

世界初!薄毛リスク遺伝子検査は悩める男性を救うか

アンファーが開発した薄毛リスク遺伝子検査とは

 塚越小枝子=フリーライター

AGA(男性型脱毛症)に悩む男性の数は、日本国内だけでも推計1300万人といわれている。治療法も多様化する中、男性総合医療のメンズヘルスクリニック東京、聖マリアンナ医科大学、アンファーが共同で「AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)」を世界で初めて開発した。気になるその検査とは?

男性ホルモンの作用によって起こるAGA(男性型脱毛症)

一番気になるのは、将来の薄毛リスクがどの程度分かるのかどうか…。(©Lisa Young 123-rf)

 AGA(Androgenic Alopecia:男性型脱毛症)とは、若年(10〜30歳代)、壮年(40歳以上)に見られる、ホルモンの作用によって起こる頭髪の脱毛(薄毛)の総称。こめかみ周辺から生え際が後退する特徴的なM字型、頭頂部の毛髪が細くやわらかくなって薄くなるO字型に大きく分けられる。

 発症には男性ホルモンが影響している。毛髪の毛乳頭という部分にある5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモン(テストステロン)がDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン機能の強い物質に変換され、これによって、毛が軟らかく短く、成長できないまま抜けるというように、短いヘアサイクルがくり返されるといわれている(下図参照)。

[画像のクリックで拡大表示]
男性ホルモンのテストステロン(図の「T」)が、5αリダクターゼという酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変換されることで、AGAは起こるといわれている。

選択肢が増えるAGA治療薬

 AGAの治療には、下の表のような薬剤が用いられる。2015年11月25日にはデュタステリド経口薬が発売され、治療の選択肢が広がった。

 AGAの発症に関わる酵素、5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、代表的な薬剤のうちフィナステリドは、Ⅱ型のはたらきを阻害する作用がある。デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を阻害し、フィナステリドの1.5倍の育毛効果が報告されている(下図参照)。

【表】AGA治療に用いる代表的な薬剤
発売年薬剤名効能・効果
1999年1%ミノキシジル壮年性脱毛症における発毛、育毛および脱毛の進行予防
2005年フィナステリド男性における男性型脱毛の進行遅延
2009年5%ミノキシジル壮年性脱毛症における発毛、育毛および脱毛の進行予防
2015年デュタステリド男性における男性型脱毛症
[画像のクリックで拡大表示]

最適な薬の選択に役立つ「AGAリスク遺伝子検査」

 このように治療法が多様化する中、患者一人ひとりに対する治療の有効性と安全性の最適化を図るため、メンズヘルスクリニック東京・聖マリアンナ医科大学とアンファーは共同で「AGAリスク遺伝子検査(AGA関連遺伝子発現量の測定)」を開発した。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.