日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 女性の梅毒が急増中! その背景には…
印刷

トピックス

女性の梅毒が急増中! その背景には…

現れたり消えたりする多彩な症状に注意

 大西淳子=医学ジャーナリスト

男性から女性へ、女性から男性へ、の悪循環が?(©Valerii Sidelnykov-123rf)

 過去の病気と思われていた性感染症、「梅毒」の患者が、2010年以降、年々増加しています。国立感染症研究所の調べによると(*1)、2015年第1週から10月25日までに、新たに梅毒に感染した患者数は2000人以上に達しました(2037人、うち男性1463人、女性574人)。

 注目すべきは、女性の患者数の増加です。特に20~24歳の女性では、2014年の2.7倍に急増しています。女性全体では、2015年の新たな感染者の数は2010年の約5倍にもなり、危機感を抱いた厚生労働省は、啓発チラシ「女子の梅毒増加中!」(*2)を作成しました。女性の梅毒急増の背景には、異性間の性的接触による感染が広がっていることがうかがえます。

女性が感染すると胎児の早産や死産、障害の恐れ

 女性の梅毒感染の増加が引き起こす問題として、特に憂慮されるのは、胎児への影響です。梅毒に感染した女性が妊娠すると、あるいは、妊婦が梅毒に感染すると、胎盤を通じて胎児に病原体が移行して、早産や死産になったり、胎児に障害が起きたりする可能性があります。

 日本では、妊娠すると、初期に必ず梅毒検査を受けることになっています。早い段階で治療を受ければ、子どもに悪影響が及ぶことは避けられます。

梅毒とは? ~性的な接触でうつる感染症~

 以下は、厚生労働省 梅毒に関するQ&A(*3)を参考文献として簡単にまとめたものです。

 梅毒は、性的な接触などによってうつる感染症です。原因は「梅毒トレポネーマ」という病原体で、感染すると全身に様々な症状が出ます。感染からの時間によって、症状が現れる部位や内容が異なり、しかも、出たり消えたりするため、患者自身も、医師も、梅毒に感染していることに気が付きにくいのがやっかいなところです。まず、感染からの時間経過ごとに、どんな症状が出るのかをみてみましょう。

第Ⅰ期(感染後約3週間) ~感染した部位にしこりができるが自然に治る~

 感染がおきた部位(陰部、口唇、口腔など)にしこりができたり、股の付け根のリンパ節が腫れたりしますが、痛みがないことが多く、症状は自然に軽くなるため、感染に気づかない人が少なくありません。しかし、パートナーにうつす可能性は持続しています。無防備な性交渉の覚えがあるかたは、この時期に梅毒の検査を受けてください。

第II期(感染後数カ月) ~アレルギーや風しんに似た赤い発疹が出現~

 治療なしに3カ月以上が経過すると、病原体は血液によって全身に運ばれ、手のひら、足の裏、体全体などに赤い発疹を生じさせます。この発疹も、数週間以内に消える場合があり、再発を繰り返す場合もあります。

 発疹は、アレルギー、風しん、麻しん、手足口病や接触皮膚炎などに間違えられることがあります。この時期に適切な治療を受けないと、数年後に深刻な症状が現れます。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.