日経グッデイ

トピックス

約9割が「大人のADHDへの適切な対応を知らない」

認知は広がるも、外見からはわかりにくいADHD

 鈴木 英子=ニューズフロント

 日本イーライリリーが実施した大人の注意欠陥・多動性障害(ADHD)に関する調査(調査期間:2015年10月7〜8日)の結果によると、ADHDの認知度は5割程度にとどまり、ADHDという言葉を知っている人でも、約9割が大人のADHD当事者への適切な対応を知らないという。

 ADHDは、不注意、多動性、衝動性を特徴とする症状が見られる発達障害の1つ。以前は子どもに特有の障害と考えられていたが、近年、成人のADHD当事者が日常生活に困難をきたしていることが分かってきている(「大人のADHD」についての解説は次ページ)。

 調査は、20〜60代の男女400人を対象に、東京都立小児総合医療センターの市川宏伸顧問と発達障害をもつ大人の会の広野ゆい代表による監修のもと、インターネット上で実施した。ADHDという言葉を知っているかとの質問に対し、「知っている」との回答は54.8%だった。

 ADHDという言葉を知っている人のうち、大人になってから自分がADHDであることに気づく人もいることを「知っている」は67.6%だった(図1)。しかし、大人のADHDがどのような疾患であるか理解している人は37.0%にとどまり(図2)、ADHDと診断された大人への適切な対応を知っている人はわずか10.5%だった(図3)。

図1◎ 大人になってからADHDであることに気づく人もいることを知っているか
[画像のクリックで拡大表示]
図2◎ 大人のADHDがどのような疾患であるか理解しているか
[画像のクリックで拡大表示]
図3◎ 大人のADHDと診断された人への適切な対応を知っているか
[画像のクリックで拡大表示]

外見からは分かりにくいADHD

 大人でADHDを抱える人がどのようなことに困っていると思うか聞いたところ、「外見上は障害があることが分かりにくい」についての認識が約8割(77.2%)と最も高かった。「周囲の方にADHDについての知識がないこと」(68.5%)、「『できないのは努力不足だ』と言われる」(68.0%)も7割近くにのぼった(図4)。

図4◎ 大人のADHDを抱える人が普段どのようなことに困っていると思うか
[画像のクリックで拡大表示]

 市川氏によると、大人のADHDは、実際には子どもの頃に見過ごされ、成人になって社会に出てから会社などでミスが多発することで顕在化し、結果的にうつ病や不安障害といった2次障害を患うケースが少なくない。ADHDに気づかないまま、仕事や人間関係に悩み続けている当事者が、よりよく生きていくために、まずは一般生活者におけるADHDの認知を高めることの必要性を、今回の調査結果であらためて認識したと、同氏は述べている。

【大人のADHDについて】

 小児期にADHDと診断された患者のうち約50~70%は成人期(18歳以降)にまで症状が持続することが示唆されています(*1)。成人ADHDの有病率は世界全体では平均3.4%(*2) と報告されており、日本国内の調査における有病率の推定値は1.65%でした(*3)。

 ADHDと診断される成人については、気分障害、不安障害、強迫性障害、解離性障害、物質性障害など多岐にわたる障害が重なる(*4)、また、落第、失業、転職、離婚などがみられるという報告もあります(*5)。

*1 Civic Research Institute:4-1- 4-12, 2002.
*2 Br J Psychiatry 190:402-409,2007.
*3 精神科治療学28(2):155-162,2013.
*4 精神科治療学19(4):415-424,2004.
*5 精神科治療学19(5) : 563-569,2004.