日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 【PR】記憶対策の新たな一手に世界が注目、ビフィズス菌で大腸からのアプローチ
印刷

トピックス

【PR】記憶対策の新たな一手に世界が注目、ビフィズス菌で大腸からのアプローチ

加齢に伴う記憶力や判断力の低下はしかたがない──そんな風にあきらめていませんか? 実は、記憶力や判断力といった「認知機能」の低下は、生活習慣や食事の改善などである程度食い止めることができることがわかってきました。そして、今話題の「腸」の研究からは、ビフィズス菌の中に認知機能の維持に役立つものが見つかったとの報告も。「脳」の健康と「腸」の関係について、詳しく紹介していきます。

 日本は今、全人口当たりの65歳以上の人口の割合で算出する高齢化率が25%を超えている超高齢社会。2020年の平均寿命は女性が約87歳、男性が約81歳で、100歳を超える百寿者の数も8万人を超えている。

 平均寿命が延びるのは素晴らしいこと。でも、「長生きするなら、やはり誰でも健康で楽しくありたいですよね」と愛媛大学医学部附属病院抗加齢予防医療センター長の伊賀瀬道也先生はいう。

 「最近よく言われる『健康寿命』は、2016年の調査では、女性は約74歳、男性は約72歳でした。健康寿命とは、自分で食事をとる、お風呂に入る、トイレを使うなど日常生活に何らかの介助が必要ない生活を送ることのできる期間のことです。平均寿命と健康寿命の差からみると、今でも9~13年は家族など人の介護、介助を受ける期間があるということです。平均寿命を延ばすだけでなく、いかに健康寿命を長く延伸できるかが重要です」と話す。

 健康寿命の延伸を妨げる要因として最も多いのは認知症だ。「認知機能は加齢によって低下します。正常な場合は、おおむね100歳の頃に認知症と診断される程度に認知機能の低下が進むといわれています。これを私たちは『ハッピーな認知症』と呼んでいます。ところが、必ずしもそうでない人は多く、また、40歳、50歳など非常に若い年齢で認知機能が急速に下がる人もいます。こういう認知機能の低下をなんとか食い止める方法を見つけることが、日本だけでなく世界の課題となっています。

 2025年には国民の4人に1人が75歳以上の高齢者となり、5人に1人、700万人が認知症になるともいわれている。早急な対応が必要なのです」(伊賀瀬先生)。

要介護になる原因の第1位は認知症
要介護になる原因の第1位は認知症
2019年6月に、全国から無作為に抽出した要介護者および要支援者約7000人を対象に行った調査。介護が必要になった主な原因の構成割合を示したもの。最も多かったのは認知症で、脳血管疾患、骨折・転倒と続く。(データ:2019年国民生活基礎調査より)

 では具体的にどうしたらいいのか。

 「今できることは、深刻な状態になる前の軽度認知障害(MCI)の状態を早く見つけて、早期に対応すること。MCIは、日常生活に問題がない程度の認知機能の低下が見られる状態です。日常生活に問題がないといっても、年間10~15%の人が認知症に進行するといわれています。でも、ここ数年の間に認知機能低下が見られても、早い段階で適切な対策をとることでその先にある認知症に進みにくくなるのではないか、という研究がいくつも出はじめ、期待が高まっています」

早期発見、早期介入が大切
早期発見、早期介入が大切
認知機能の低下が進むほど改善は難しくなる。早期段階で認知機能の低下を発見し、適切な対応をとることが大事。(図はイメージ)

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.