日経グッデイ

トピックス

冬のおなかトラブル、男性の原因第1位は?

男女で違う下痢の原因、女性は「冷え」最多

 鈴木 英子=ニューズフロント

 大幸薬品は、15〜69歳の男女1200人を対象に「日本人のおなかのトラブル」に関する調査(2015年3月24日〜3月26日)を実施し、冬のおなかのトラブルについてまとめた結果を発表した。冬に下痢になることが「よくある」もしくは「時々ある」と答えた割合は24%で他の季節(春16%、夏23%、秋16%)を上回り、冬は四季の中で最もおなかがゆるくなる頻度が高いことがうかがえる結果となった(図1)。

図1◎ 下痢になることが「よくある」「時々ある」人の割合

 冬におなかのトラブルを経験したことがある693人に、下痢になった原因を聞いたところ、「冷え(気温が原因)」(30%)が最も多く、「風邪(おなかの風邪)」(21%)、「ストレスや緊張」と「食べ過ぎ」(いずれも20%)、「お酒の飲み過ぎ」(13%)が続いた(図2)。

図2◎ 冬に下痢になった原因(冬におなかのトラブルを経験した人)
[画像のクリックで拡大表示]

男女で異なる「下痢の原因」

 男女別で見ると、男性は「お酒の飲み過ぎ」が多く、30代、50代、60代が1位に挙げている。一方、女性は「冷え」が目立ち、50代を除くすべての年代で1位に挙げられ、中でも10〜40代では4割前後を占める。

 全回答者のうち、普段から下痢を起こしやすいと自覚している265人に、冬にトイレのことで困った経験について聞くと、最も多いシーンは「忘年会、新年会」(36%)だった。次いで「スキー、スノーボード」「お正月の初詣」(いずれも21%)、「クリスマス」(20%)が続き、おなかがゆるくなりがちな人にとっては、冬ならではのイベントが困る場面になってしまう様子がうかがえる(図3)。

図3◎ 冬にトイレに困ったシーン(下痢を起こしやすいと自覚している人)

 冬は受験シーズンでもあることから、受験生100人を対象にアンケートを実施したところ、63%がおなかトラブルの一因とされている「ストレス」を感じていることが分かった。受験ストレスの理由としては「合格に対する不安」や「成績が上がらないこと」などが上位に並んだ。また、受験当日に起きてほしくない体の不調として、約7割(67%)が「下痢」と答え、「風邪」(57%)や「頭痛」(53%)を上回った(図4)。

図4◎ 受験当日に起きてほしくない体調不良(受験生)