日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > ポストコロナの時代、がん患者・がんサバイバーが心がけるべきこととは
印刷

トピックス

ポストコロナの時代、がん患者・がんサバイバーが心がけるべきこととは

「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会が示したがん医療の新しいかたち

 千田敏之=医療ジャーナリスト

これからのがん医療やがん患者が抱える課題や生き方などについて議論してきた「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会(座長:武藤徹一郎・がん研究会有明病院名誉院長)の報告書が先ごろ出版された。「考える会」に参加した、全国がん患者団体連合会理事長の天野慎介氏に、報告書のポイントや、これからのがん医療のあり方、がん患者・がんサバイバーが心がけるべきことについて聞いた。

がん患者に対し社会全体としてどんな関与の仕方ができるかを議論

まず、「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会に参加して、感じたこと、考えたことから伺います。

天野 「考える会」は、2018年5月から、武藤徹一郎・がん研究会有明病院名誉院長を座長として、がん診療に関わる医師・看護師だけでなく、社会学者、ジャーナリスト、患者団体の代表者など、がんに関わるさまざまな立場の有識者が集まり、これからのがん医療や、がん患者とその家族が抱える課題や生き方、がん情報の活用法など、さまざまな問題について約1年半にわたり定期的に議論してきました。がん患者やがんサバイバーに対し、社会全体としてどんな関与の仕方ができるかが、全体を通してのテーマでした。

 医療はかつては、病院の中だけ、医療関係者だけで完結するものと捉えられていました。しかし、最近では、病院が一番重要な場であることは間違いありませんが、それ以外の部分、地域や社会全体で患者さんを支えていこうという考え方が主流になってきています。「考える会」に参加された先生方は、長年医療現場で患者を治療し、支えてこられた方々ですが、恐らく、「地域や社会全体で患者を支える」という発想は昔はなかったと思います。

 ですから、そういった新しい流れについて、第一線でがん診療に携わってきた医師や看護師の方々と一緒に議論できたのは、大きな意味のあることだったと思っています。

「地域や社会全体で患者さんを支えていこうという考え方が主流になってきています」と話す天野氏。
「地域や社会全体で患者さんを支えていこうという考え方が主流になってきています」と話す天野氏。

患者と医療者間のコミュニケーション不全の問題は依然深刻

「考える会」の報告書では、「がん患者本位のエンゲージメント」を確立・普及させるために、がんに関わる各プレーヤーが今後何を目指すべきか、そしてその道筋はどのようにあるべきかについて、大きく3つのビジョンとしてまとめ、10のアクションを提示しています(表参照)。この中で、特に重要だと考える項目は?

表 「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会が提案する3つのビジョンと10のアクション
表 「がん患者本位のエンゲージメント」を考える会が提案する3つのビジョンと10のアクション

天野 やはり、患者さんと医療者間のコミュニケーションに関する項目です。医師の説明が十分でない、医師が話をちゃんと聞いてくれない、といった患者と医療者間のコミュニケーション不全の問題は依然深刻で、コミュニケーションの重要性は年々高まっていると感じます。

 そうしたことから、報告書では、「ビジョン2 一人ひとりが安心して納得できる医療/ケアを受けられる」の「アクション4 さまざまな医療者によるがん患者本位のコミュニケーションの実現」の中で、医療コミュニケーションの重要性を強調、具体的なスキルや手法の普及が必要であることや、忙しい医師が患者さんとのコミュニケーションのために時間を確保するための工夫が必要であると提言しました。

1/4 page

最後へ

次へ

がん
キーワード一覧へ
日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.