日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 「排尿のキレ悪く、トイレも近い」 年だから仕方ない?
印刷

トピックス

「排尿のキレ悪く、トイレも近い」 年だから仕方ない?

放置すれば症状悪化や「転倒」「うつ」などの可能性も

 日経おとなのOFF

 何気ない生活習慣を放置しておくと、老後に想定外の破滅をもたらすことがある。中高年が陥りがちなケースを基に、そのまま老後を迎えれば、どんな「末路」が待っているのかを追いつつ、その道の専門家が「末路を回避」するための解決策を提示する。今回の回答者は、東京都健康長寿医療センター研究所の金憲経さんだ。

頻尿や尿漏れは、加齢とともに誰にでも起き得る症状のようだが……(イラスト てぶくろ星人、以下同)

【相談者 K・Kさん(49歳、男性)】

最近、尿のことで悩んでいます。おしっこの後に度々、パンツを汚してしまうのです。排尿のキレの悪さは1年ほど前から。また、用を済ませたばかりなのに、トイレに行きたくなることがあり、通勤途中の電車から降りてトイレに駆け込んだこともあります。夜、トイレに起きることも多くなりました。いつか、外でおしっこが我慢できなくなるのではないかと不安です。年だから仕方がないのでしょうか。泌尿器科に行くのも恥ずかしいのですが……。

「転倒、骨折」「うつ」につながることも

 尿失禁(尿漏れ)や頻尿などの排尿障害は、深刻な病気ではないとはいえ、侮ってはいけません。なぜなら、そのまま放置すれば症状が悪化するだけでなく、生活に大きな支障が出てくる可能性があるからです。例えば、頻尿によって睡眠が妨げられることなどが挙げられます。

金さんの調査によれば、尿失禁の症状が出ている人の特徴に「活動の制限」があるという
「恥ずかしい」と言って外出を控えれば筋力が低下し、転倒を招いたり、肥満の原因になったり。肥満になると尿失禁は悪化する。腹部に脂肪が多くつけば、排尿をコントロールする骨盤底筋に負担がかかり、緩みやすくなるのだ。「尿漏れ→外出を控える→悪化」という悪循環に陥らせないことが大事だ

 また、そのうち外出するのがおっくうになってしまうかも。すると次第に筋肉が衰え、転倒、骨折などを招きかねません。内にこもって人との付き合いが消極的になると、気分が滅入って、最悪の場合、うつを発症する可能性があります。

 尿失禁の主な原因は男女共に、尿道を締めておく筋肉(骨盤底筋)の弱まりです。男性特有のケースとしては、加齢とともにホルモンのバランスが変化し、前立腺が大きくなり、尿道が押しつぶされて、失禁しやすくなることもあります。この場合、あるとき突然に強い尿意が起こり、トイレに間に合わずに尿が漏れてしまいます(切迫性尿失禁)。一方で、女性は尿道が短いので、くしゃみやせき、おなかに力を入れた瞬間に漏れてしまう腹圧性失禁が多いのです。

 ご相談にもあるように、尿失禁は同時に頻尿を伴うことがあります。正常な排尿の目安として、トイレの回数は1日に5~7回。これに対し日中に8回以上、夜2回以上トイレに駆け込むようなら、頻尿といえるでしょう

 排尿障害は、加齢によって誰にでも起き得る現象。ですから、恥ずかしいと思うことではないのです。白髪になったり、しわが増えたりするのと同じことです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.