日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 「排尿のキレ悪く、トイレも近い」 年だから仕方ない?
印刷

トピックス

「排尿のキレ悪く、トイレも近い」 年だから仕方ない?

放置すれば症状悪化や「転倒」「うつ」などの可能性も

 日経おとなのOFF

 何気ない生活習慣を放置しておくと、老後に想定外の破滅をもたらすことがある。中高年が陥りがちなケースを基に、そのまま老後を迎えれば、どんな「末路」が待っているのかを追いつつ、その道の専門家が「末路を回避」するための解決策を提示する。今回の回答者は、東京都健康長寿医療センター研究所の金憲経さんだ。

頻尿や尿漏れは、加齢とともに誰にでも起き得る症状のようだが……(イラスト てぶくろ星人、以下同)

【相談者 K・Kさん(49歳、男性)】

最近、尿のことで悩んでいます。おしっこの後に度々、パンツを汚してしまうのです。排尿のキレの悪さは1年ほど前から。また、用を済ませたばかりなのに、トイレに行きたくなることがあり、通勤途中の電車から降りてトイレに駆け込んだこともあります。夜、トイレに起きることも多くなりました。いつか、外でおしっこが我慢できなくなるのではないかと不安です。年だから仕方がないのでしょうか。泌尿器科に行くのも恥ずかしいのですが……。

「転倒、骨折」「うつ」につながることも

 尿失禁(尿漏れ)や頻尿などの排尿障害は、深刻な病気ではないとはいえ、侮ってはいけません。なぜなら、そのまま放置すれば症状が悪化するだけでなく、生活に大きな支障が出てくる可能性があるからです。例えば、頻尿によって睡眠が妨げられることなどが挙げられます。

金さんの調査によれば、尿失禁の症状が出ている人の特徴に「活動の制限」があるという
「恥ずかしい」と言って外出を控えれば筋力が低下し、転倒を招いたり、肥満の原因になったり。肥満になると尿失禁は悪化する。腹部に脂肪が多くつけば、排尿をコントロールする骨盤底筋に負担がかかり、緩みやすくなるのだ。「尿漏れ→外出を控える→悪化」という悪循環に陥らせないことが大事だ

 また、そのうち外出するのがおっくうになってしまうかも。すると次第に筋肉が衰え、転倒、骨折などを招きかねません。内にこもって人との付き合いが消極的になると、気分が滅入って、最悪の場合、うつを発症する可能性があります。

 尿失禁の主な原因は男女共に、尿道を締めておく筋肉(骨盤底筋)の弱まりです。男性特有のケースとしては、加齢とともにホルモンのバランスが変化し、前立腺が大きくなり、尿道が押しつぶされて、失禁しやすくなることもあります。この場合、あるとき突然に強い尿意が起こり、トイレに間に合わずに尿が漏れてしまいます(切迫性尿失禁)。一方で、女性は尿道が短いので、くしゃみやせき、おなかに力を入れた瞬間に漏れてしまう腹圧性失禁が多いのです。

 ご相談にもあるように、尿失禁は同時に頻尿を伴うことがあります。正常な排尿の目安として、トイレの回数は1日に5~7回。これに対し日中に8回以上、夜2回以上トイレに駆け込むようなら、頻尿といえるでしょう

 排尿障害は、加齢によって誰にでも起き得る現象。ですから、恥ずかしいと思うことではないのです。白髪になったり、しわが増えたりするのと同じことです。

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.