日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 最近耳にする「肺MAC症」ってどんな病気?
印刷

トピックス

最近耳にする「肺MAC症」ってどんな病気?

中高年女性に急増中、治りにくいやっかいな呼吸器感染症

 倉沢正樹=日経メディカル前編集長

結核に似た症状を引き起こすが、命に関わることはまれで、人から人にうつることもない。その半面、治療に2年近くを要するなど結核よりも治りにくい──。そんなやっかいな病気である「肺MAC症」が近年、中高年女性を中心に急増している。長年この病気の治療に携わってきた結核予防会複十字病院の倉島篤行氏に、肺MAC症の特徴と予防法を伺った。

肺MAC症の治療に長年携わってきた結核予防会複十字病院の倉島篤行氏
肺MAC症の治療に長年携わってきた結核予防会複十字病院の倉島篤行氏

これまであまりなじみはなかったのですが、医療関係者だけでなく一般の人の間でも、最近になって「肺MAC(マック)症」という病名を聞く機会が増えているようです。肺MAC症とは、どういう病気なのでしょうか。

 肺MAC症は、あまり症状は強くないけれど、なかなか退治しにくい菌によって引き起こされる呼吸器感染症です。MACというのは菌の名前(*1)で、分類上は結核菌の親戚に当たるのですが、肺MAC症には結核ほどの命の危険はありませんし、人から人にうつることもありません。ただし、一度発病すると治療が長引くことが非常に多い病気です。症状が強く出ないので、感染に気付くのが遅れてしまうこともよくあります。

どういうきっかけで感染が発覚することが多いのでしょうか。

 一番は長引く咳や痰ですね。結核のように発熱することは少なく、あっても微熱が出る程度でしょうか。意外に多いのが、痰に血が混じる血痰です。また、人間ドックなどの検診で肺に影が見つかり、詳しく調べてみたら肺MAC症だったというケースも多いですね。病気が進行してくると、疲労感やだるさなどの症状も出てきます。

肺MAC症は人から人にはうつらないということですが、どういう経路で感染するのですか。

 環境からうつると言われていまして、具体的には水や土などが関係しています。例えば、感染経路が確認されている例には、湯温が常に保たれている24時間風呂があります。そのような環境で増えた菌が、体内に入り込んで感染するわけです。また、園芸などの際に土ぼこりを吸い込み、その中にいた菌に感染することもあります。

 とはいえ同じ環境にいた人が全て肺MAC症に感染するかというと、そうではなくて、ある素質を持った人だけがこの病気にかかることが知られています。その素質について、世界中の研究者が遺伝子解析を含めて追求しているのですが、まだはっきりとしたことは分かっていません。ただ経験的な事実として、例えば感染したお母さんの子どもは感染しやすいといった傾向はあります。

かかりやすい人とそうでない人がいて、遺伝的な素因もある程度関係しているということですね。かかりやすい人に共通する条件はありますか。

 理由はよく分かっていないのですが、肺MAC症は中高年の女性に圧倒的に多い病気です。若い患者さんもいますけれど、大部分は中高年の女性です。その数は近年、急激に増えていて、過去10年間で2倍以上に達しています。

*1 M.aviumとM.intracellulareという菌が原因で起こる感染症が「肺MAC症」。MACは「M.avium complex」の略

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニングNEW

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.