日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 【PR】20歳以上の2人に1人は「食後高血糖」?!  > 2ページ目
印刷

トピックス

【PR】20歳以上の2人に1人は「食後高血糖」?!

まずは一度、自分の食後血糖値を知ることから

糖質のとりすぎが、さまざまな病気の出発点になる

 このように、「健康のために、食事に気を配っている」という人にまでも気づかないうちに進行しているのが、食後高血糖。

 では、なぜ食後高血糖が怖いのか。放置すると糖尿病になるから? 実はそれだけではない。「糖質摂取過剰によって起こる食後高血糖は、糖尿病を含めたメタボリックシンドロームだけでなく、がんや認知症、見た目の老化、骨折リスクなど、加齢とともに進行するあらゆる病気の出発点になると考えています」(山田さん)。

 以下の図が、山田さんが提唱している「メタボリックドミノ 山田version」だ。

伊藤裕.日本臨床2003,61,1837-1843よりJAMA Intern Med 2018,178,1098-1103を踏まえ改変
伊藤裕.日本臨床2003,61,1837-1843よりJAMA Intern Med 2018,178,1098-1103を踏まえ改変

 図の最上流には、「糖質摂取過剰」がある。ドミノがパタパタと倒れた先にあるのが、糖尿病によって起こる合併症や、動脈硬化が影響する脳卒中や心不全などだ。

 糖質のとりすぎによって「食後高血糖」が起こると、血糖値を下げるために大量のインスリンが分泌する。すると血糖値が急降下するため、急激な「飢餓感」が起こる。

 もちろん、食後高血糖が長年続くと空腹時血糖値も上昇し、糖尿病につながるわけだが、それに加えて、血糖値の上下動による「飢餓感」の問題についても理解を深めておきたい。飢餓感によって空腹感が増し、「つい、食べすぎてしまう」という食習慣が定着する。「わけもなく甘いものが食べたくなる、あるいは、食後、猛烈に眠くなるということに思い当たったら、それは血糖値の急上昇と急降下によるものである可能性が高いです」と山田さんは言う。

 図のように、糖質摂取過剰を出発点として糖尿病、肥満、脂質異常症、高血圧などのメタボリックシンドロームが悪化していくわけだが、近年は、食後高血糖とがんや認知症、見た目の老化や骨折との関連も明らかになってきた。「インスリンが多く分泌されると、がん(悪性腫瘍)を増殖させるメカニズムがあることがわかってきました。また、食後高血糖が起こるようになった段階から認知機能の低下は始まり、数十年かけて認知症へとつながっていきます。糖質の摂取量が多すぎて余った糖が体内のたんぱく質にくっつくと、たんぱく質が劣化して、AGEs(糖化最終生成物)という老化物質が生成され、しわやたるみといった見た目の老化、さらには骨のコラーゲンが硬くもろくなり、骨密度が正常でも骨質が悪くなり、骨折が起こりやすくなる、という老化の加速も起こります」(山田さん)。

ワンコイン健診で自分自身の食後血糖値を知ろう!

 生活習慣病なんて他人事、と思っていた人も、食後高血糖がドミノをどんどん倒していき、たくさんの病気を引き起こすと知って驚いたのではないだろうか。

 自分の食後血糖値が気になる、食後高血糖が起こっていないかどうか知りたい!

 「そのためには、3つの方法があります」(山田さん)。

 3つの選択肢のうち、最も気軽に実行できるのが、①の「検体測定室」だ。

 検体測定室とは、被験者が自分で人さし指の先を消毒し、専用の細い針を刺してごく微量な血液を採取することで、数分後に血糖値などを測ることができるというもの。

 検査が可能な項目は、血糖値、HbA1c、中性脂肪など、特定健診と同じ8項目だ。例えば血糖値であれば、500円というワンコインで調べることができる(検査項目などにより価格は異なる)。

専用のキットを使用して、少量の血液を自分で摂取する。(イラストはイメージ)
専用のキットを使用して、少量の血液を自分で摂取する。(イラストはイメージ)

 薬局やドラッグストアに「検体測定室(ゆびさきセルフ測定室)」の表示があったら、ぜひ一度、食後血糖値を調べてみよう。そのポイントについて山田さんはこう説明する。

 「おにぎり1個あたり、糖質を約40g含みます。おにぎり2個と野菜ジュース1パックで、合計の糖質量が100gほどになります。このセットを食べた1~2時間後に血糖値測定をして、血糖値が140mg/dl以上になると食後高血糖と推定されます。200mg/dlになると、糖尿病の可能性があります」(山田さん)。

 「検体測定室」は現在、全国の薬局で2000店舗以上開設されている[2]。

 自分の住まいや勤務先の近くに「検体測定室」があるかどうかを知りたいときは、スマホやパソコンから簡易検索ができる「ゆびさきセルフ測定室ナビ」で検索してみよう。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.