日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > トピックス  > 「口の周りにご飯粒」 それでも気にならない人の末路
印刷

トピックス

「口の周りにご飯粒」 それでも気にならない人の末路

危険な老化のサイン「フレイル」の兆候を見逃すな

 日経おとなのOFF

 何気ない生活習慣を放置しておくと、老後に想定外の破滅をもたらすことがある。中高年が陥りがちなケースを基に、そのまま老後を迎えれば、どんな「末路」が待っているのかを追いつつ、その道の専門家が「末路を回避」するための解決策を提示する。今回の回答者は、東京都健康長寿医療センター歯科口腔外科医療部長の平野浩彦さんだ。

60歳を過ぎた人の口周りの変化、これにはどんな意味があるのでしょうか(イラスト てぶくろ星人、以下同)
60歳を過ぎた人の口周りの変化、これにはどんな意味があるのでしょうか(イラスト てぶくろ星人、以下同)

【 相談者:T・Kさん(35歳、女性)】

取り越し苦労かもしれませんが、このところ父(65歳)の口の周りのささいな変化が気になります。テーブルの上の食べこぼしが目立ち始め、口の周りにご飯粒が付いても気が付かないことが多くなりました。お茶を飲んでいてゴホゴホとむせることもしばしばです。口臭も強くなった気がします。体はピンピンしていて、人間ドックの検査でも問題はありませんでした。年のせいだとは思うのですが、ひょっとして認知症の始まりだったらと思うと不安です。

口の中のささいな変化を放置するな

 これは取り越し苦労などではないですよ。食べこぼしも、口の周りにご飯粒が付くことも、一つ一つはささいなこと。しかし、こうした口の変化は、危険な老化のサイン「フレイル」の兆候です。

 フレイルというのは一見、健康を維持できているように映るけれども、肉体的には虚弱状態にあり、いずれ介護を受ける可能性が高い状態を指します。ご相談のように、娘さんや奥様、ご家族がお父様のフレイルの兆候を、早期発見できる体の部位が「口」なのです。

 他にも、歯周病で硬いものが食べにくくなった、滑舌が悪くなった、口が渇きやすくなったなども、フレイルのサインです(オーラルフレイルともいう)。

口のトラブルを放置していると、肉や干物などの噛み応えのある食品(特に動物性たんぱく質を多く含む食品)を敬遠し、ご飯やうどんなどの軟らかい食品の摂取が多くなる。その結果、咀嚼(そしゃく)機能が低下し、さらに噛めなくなる。動物性たんぱく質の摂取が減れば筋力も衰え、フレイルが進む。
口のトラブルを放置していると、肉や干物などの噛み応えのある食品(特に動物性たんぱく質を多く含む食品)を敬遠し、ご飯やうどんなどの軟らかい食品の摂取が多くなる。その結果、咀嚼(そしゃく)機能が低下し、さらに噛めなくなる。動物性たんぱく質の摂取が減れば筋力も衰え、フレイルが進む。

 口のトラブルを放置しておくとそのうち、肉や魚など歯応えのあるたんぱく質食品を避け、軟らかいものを選んで食べるようになります。すると咀嚼(そしゃく)力が低下してもっと噛(か)めなくなる。結果として、食物の摂取量も減っていきます。たんぱく質を摂取しなければ、筋肉も衰えていく。そうしてどんどん虚弱が進み、「健康寿命」が短くなっていきます。また、咀嚼と認知症とは因果関係があるともいわれています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 効率的に「お腹を凹ませる」トレーニング

    中年にもなると、お腹がぽっこり出てくるのが気になる人も多い。特に薄着の季節になると、お腹が出ているのが気になり、何とか短期間で凹ませたいと思う人は多いだろう。しかし、スポーツジムでしっかり運動するのはつらいし、運動する時間を確保するのも大変だ。そこで、今回のテーマ別特集では、効率よくお腹を凹ませるために知っておきたい「内臓脂肪」の落とし方と、トレーニングのコツ、そしてお腹を凹ませる「ドローイン」のやり方について解説しよう。

  • 脳を衰えさせる悪い習慣、活性化する良い習慣

    「もの忘れがひどくなった」「単語がスッと出てこない」「集中力が落ちてきた」……。加齢とともに脳の衰えを実感する人は多いだろう。「このままだと、早く認知症になるのでは?」という心配が頭をよぎることもあるだろうが、脳の機能は加齢とともにただ落ちていく一方なのだろうか。どうすれば年齢を重ねても健康な脳を維持できるのか。脳に関する興味深い事実や、健康な脳を維持するための生活習慣について、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.