日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!
印刷

トピックス

スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!

「睡眠の質が上がった」という報告も

 柳本 操=ライター

今、注目の穀物「大麦」。その大麦の中でも、食物繊維を多く含んでいるのがスーパー大麦「バーリーマックス」だ。大腸の奥にまで届く“第三の食物繊維”レジスタントスターチを豊富に含んでおり、その健康効果も報告されている。11月6日、「腸の奥からの健康を考える研究会」が「スーパー大麦バーリーマックスの最新研究発表」と題した最新研究報告を行った。その内容を紹介しよう。

スーパー大麦「バーリーマックス」は、第三の食物繊維と呼ばれる「レジスタントスターチ」が豊富だ。

 数ある穀物の中で、今、世界で最も注目されている穀物といえば「大麦」だろう。大麦の効能は世界的に認められており、日本でも「食後の血糖値の上昇を抑える」「正常な腸機能の維持」「血中コレステロール値の正常化」の機能性表示が認められている(詳しくはこちらの記事を参照)。効果を表示した商品も続々と登場しており、日々の食生活にすでに取り入れているという人も少なくないだろう。

 大麦の健康効果の源泉は、その豊富な食物繊維にある。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、それぞれに効能があるが、腸内細菌のエサとなり、腸内環境を整える役割が強いのは水溶性食物繊維のほうだ。大麦は、水溶性食物繊維を豊富に含んでおり、さらに水溶性と不溶性のバランスがいいのも特徴となっている。

主な穀物に含まれる食物繊維(可食部100g当たり)
大麦は水溶性食物繊維を多く含んでいる。さらに不溶性と水溶性のバランスに優れるのが特徴だ。(「日本食品標準成分表2015年版(七訂)」より)
[画像のクリックで拡大表示]

食物繊維を“腸の奥”に届けることが重要

 だが、通常、食べ物として摂取する食物繊維は、小腸と大腸の上部で食べつくされ、大腸の奥のほうまではなかなか届かないといわれる。ところが、“第三の食物繊維”といわれるレジスタントスターチには、大腸の奥にまで届く特徴があるという。

 レジスタントスターチとは、難消化性デンプンのこと。レジスタントは「消化されない」、スターチはデンプンのことを指す。物理的に堅い殻に覆われていたり、消化酵素によって分解されにくい性質を持つなどの理由から、糖質であるにもかかわらず小腸で消化・吸収されにくい。そして、大腸まで届いてから腸内細菌のエサになるなど、不溶性でありながら水溶性食物繊維と同じ働きをする特徴がある。

 そのレジスタントスターチを、大麦(もち麦)の2倍以上含む大麦が、今回のセミナーのテーマになっている、スーパー大麦「バーリーマックス」。バーリーマックスは、オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)が、10年に及ぶ品種改良を経て、遺伝子組み換えなしで開発した新顔の大麦だ。

 機能性大麦の健康効果のメカニズムの解明と啓発を行う「腸の奥からの健康を考える研究会」の座長を務める帝京平成大学健康メディカル学部教授の松井輝明さんは、「腸内細菌は小腸から大腸に幅広くすみ着いていますが、食べ物として摂取した食物繊維のほとんどは、小腸と大腸の上部にすむ腸内細菌(有用菌)に食べつくされてしまうため、下行結腸より先の大腸の奥では、有用菌にとっての栄養が不足しやすくなります」と話す。

大腸の構造
「腸の奥」とは、大腸の奥の「下行結腸」「S状結腸」「直腸」のことを指す
[画像のクリックで拡大表示]

 「大腸がんや潰瘍性大腸炎といった近年問題となっている腸の疾患が腸の奥でよく発生するのも、腸の奥の環境悪化が関係していると見ています。スーパー大麦に含まれるレジスタントスターチは、大腸の奥まで届いて機能性を発揮する注目の“食物繊維”です」(松井さん)

 研究会の名前にもなっている「腸の奥」とは、大腸の奥の「下行結腸」「S状結腸」「直腸」のことを指す。大腸はお腹の右脇腹下から上に向かって「上行結腸」があり、そこから左に向かって「横行結腸」がある。さらに左脇腹から肛門にかけてが「腸の奥」にあたる。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策NEW

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.