スーパー大麦2週間摂取で抗肥満効果に貢献する腸内細菌が増えた

抗肥満作用が期待される腸内細菌の変化率を合計(バクテロイデーテス門、ビフィドバクテリウム属、フィーカリバクテリウム属)。5人中、4人の抗肥満腸内細菌が増加傾向となった。(森田英利(岡山大学大学院環境生命科学研究科教授)と帝人の共同研究)

記事に戻る