日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > トピックス  > スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!
スーパー大麦の4週間摂取で睡眠が改善
睡眠に悩みのある女性21人(平均年齢36歳)がスーパー大麦を1日12gとれるショートバーを4週間摂取した。「ピッツバーグ睡眠質問項目スコア表」によって、摂取前後の睡眠に関するスコアを比較した(人数は最終的に18人)。その結果、「睡眠の質」「睡眠困難」「中途覚醒」「日中の眠気」が有意に改善した。(薬理と治療. 2017;45(8):1351-1357.)※なお、「中途覚醒」「日中の眠気」は、1点:1週間に3回以上、2点:1週間に1~2回、3点:1週間に1回未満、4点:なし

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.