日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > トピックス  > スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!  > 2ページ目
印刷

トピックス

スーパー大麦で、太りにくい体質を作る「やせ形腸内フローラ」に?!

「睡眠の質が上がった」という報告も

 柳本 操=ライター

 スーパー大麦の特徴は、そのバリエーション豊かな“食物繊維”にある。豊富に含まれるフルクタン(水溶性多糖類)、β-グルカン(水溶性食物繊維)は、いずれも腸の有用菌のエサとなり、腸内環境改善を促す。

 さらに、第三の食物繊維とも言われる「レジスタントスターチ」は、スーパー大麦で特徴的に多く含まれる成分。レジスタントスターチは不溶性の消化されにくいデンプンで、腸内細菌によって発酵される特徴を持つ。スーパー大麦の場合は胚乳に含まれるこのデンプンが、水溶性食物繊維に守られ、さらにその外側を細胞壁が守るという構造のために、消化酵素の影響を受けにくく、腸の奥まで到達する性質を持っている。

 これら広義の“食物繊維”は、「それぞれ分子量が異なり、分子量が最も小さいフルクタンが最初に腸内細菌に食べられ、その次にβ-グルカンが、そして最後に分子量の大きいレジスタントスターチが腸の奥にすみ着いている腸内細菌に食べられる、というふうに腸のそれぞれで発酵する場所が異なるのです。つまり、スーパー大麦をとると、腸の奥にまで食物繊維が届き、発酵を促すと考えられます」と松井さんは説明する。

スーパー大麦で「短鎖脂肪酸」が増える!

 腸内で発酵する性質を持つこれらの“食物繊維”を腸内細菌が食べると、腸内環境を改善する「短鎖脂肪酸」を生み出す、という効果が近年注目されている。短鎖脂肪酸のうち、「酪酸」は大腸の上皮細胞のエネルギーを作り、「プロピオン酸」は肝臓でエネルギー消費を高める。「短鎖脂肪酸は、腸粘膜の健康を維持し、腸のバリア機能を高め、大腸の発がん物質である有害な毒素の産生を抑えるなど、全身の健康に関わる働きをすることが分かってきました」と松井さん。

 松井さんらが昨年国内で行った研究がある。スーパー大麦を1日12g食べることができるよう設計されたショートバーとクッキーを、20歳から65歳の男女18人が4週間食べるという試験によって、以下のような結果が確認されたという。



  • 排便回数が増加、排便量も増加
  • 腸内の有用菌が産生する「短鎖脂肪酸」である「プロピオン酸」「酪酸」が有意に増加
  • 腸内細菌叢(そう)を解析すると、「酪酸」を産生するバクテロイデスの比率が増加、有用菌のビフィズス菌の比率が増加、血糖値改善に関与するプレボテラの比率が増加

 松井さんは、「1日12gのスーパー大麦を目安として継続してとることで、短鎖脂肪酸が増えます。さらには、腸の有用菌を増やし、腸内細菌叢(腸内フローラ)を改善することが期待できます」と話す。

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

  • 怖い緑内障 忍び寄る失明を回避するには

    緑内障は放っておくと失明を招く怖い病気だが、病気が進んでも中心部の視力は保たれるため、自分ではなかなか気づきにくい。本記事では、緑内障による失明を回避するために知っておきたい期症状の特徴や、早期発見のために必要な検査、最新治療などについてコンパクトに解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.