日経グッデイ

トピックス

突然死を引き起こす大動脈破裂の怖さ ~阿藤快さんの訃報を受けて~

大動脈解離、大動脈瘤の予防は生活改善から

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 数々のTV番組や映画で悪役として強い印象を残し、グルメ・旅番組では親しみやすい人柄で人気を博した阿藤快さんの突然の死は、多くの人に喪失感をもたらしています。前日まで元気だったという阿藤さんの死因は、報道によると、大動脈破裂、または大動脈瘤破裂による胸腔内出血だったようです。

 これらはどのような病気なのでしょうか。予防はできないのでしょうか。

大動脈破裂とは ~大動脈解離から出血に至った場合~

 大動脈解離から出血に至った場合を大動脈破裂といいます。大動脈解離については、関連記事(「突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い」)をご覧ください。

大動脈の模式図
[画像のクリックで拡大表示]

 大動脈は、心臓から横隔膜までを胸部大動脈、横隔膜より下を腹部大動脈と呼びます。大動脈の壁は、内膜・中膜・外膜の3層構造になっています。内膜のどこかに傷ができ、そこから血液が中膜部分を裂くようにして流れ込んだ状態を解離といいます。解離によって大動脈の壁が外膜だけで維持されている状態になり、そこに血圧がかかると、外膜が破れて出血することがあります。破れる場所によっては、胸腔内出血が発生します。

大動脈瘤破裂とは ~ひとたび破裂すると約半数が病院到着前に死亡~

 大動脈瘤は、大動脈の壁が3層構造のままこぶ状に膨らんだものをいいます。大動脈瘤があっても、破裂前にはほとんどの患者が無症状で、ひとたび破裂すると約半数が、病院にたどり着く前に死亡します。運よく生きて病院に到着し、手術を受けたとしても、40~60%の患者が死亡します。胸部大動脈瘤が破裂すると、破れる場所によっては胸腔内に出血します。

大動脈瘤が生じる原因 ~動脈硬化で弱くなった血管壁が血圧に負ける~

 動脈硬化が主な原因といわれています。正常な胸部大動脈の直径は約25~30mmですが、動脈硬化によって弱くなった動脈壁が血圧に負けて膨らむと、その部分の直径が徐々に大きくなります。動脈硬化の危険因子は高血圧、脂質異常症、喫煙、糖尿病などで、これらが大動脈瘤の発生リスクを高めると考えられています。

胸部大動脈瘤の症状 ~通常は無症状だが破裂の前兆として背部痛など~

 通常は無症状で、破裂してはじめて激痛を感じます。急激に瘤が大きくなった場合には、背部痛や声のかすれ、ものが飲み込みにくくなるといった症状が現れることもあります。それらは破裂の前兆と考えられます。

破裂前の診断は偶然が多い ~胸部X線撮影やCT検査が有用~

 破裂前の胸部大動脈瘤は、健康診断の際や、何らかの病気で医療機関を受診した際に行われる、胸部X線撮影やCT検査、心エコー検査などによって偶然に発見されることがほとんどです。一部の市町村の住民検診や職場での健康診断で、肺癌を発見するために行われる胸部CT検査は、動脈瘤の発見において非常に有効です。任意型検診として自費で受ける場合の費用は、施設によって異なりますが、5000円から1万円程度です。

 確定診断にはCT検査やMR検査が用いられます。その後は定期的に、瘤の直径の変化を調べる検査を受けることになります。

破裂を防ぐための治療 ~場合によっては外科手術も~

 大動脈瘤の拡張を防ぐために、動脈硬化に対する治療として生活改善の指導や投薬が行われますが、動脈瘤が小さくなることはありません。

 胸部大動脈瘤の直径が55~60mm以上になったら、破裂を防ぐための外科治療の実施が検討されます。開胸手術を行って、瘤がある部分を人工血管で置き換える手術や、カテーテルを使って瘤の内部に人工血管を入れる治療などが試みられます。直径がそれより小さくても、瘤の形状や拡張の速度などに基づいて手術を勧められる場合もあります。

健康診断を受けライフスタイルの見直しを

 突然発生して命を落とすような病気も、実は背景にメタボリックシンドロームがあるようです。これを機に、生活改善を心がけ、定期的に健康診断を受けるようにしてはいかがでしょうか。

参考文献
日本循環器学会「大動脈瘤・大動脈解離診療ガイドライン」(2011 年改訂版)