日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > トピックス  > 突然死を引き起こす大動脈破裂の怖さ ~阿藤快さんの訃報を受けて~
印刷

トピックス

突然死を引き起こす大動脈破裂の怖さ ~阿藤快さんの訃報を受けて~

大動脈解離、大動脈瘤の予防は生活改善から

 大西淳子=医学ジャーナリスト

 数々のTV番組や映画で悪役として強い印象を残し、グルメ・旅番組では親しみやすい人柄で人気を博した阿藤快さんの突然の死は、多くの人に喪失感をもたらしています。前日まで元気だったという阿藤さんの死因は、報道によると、大動脈破裂、または大動脈瘤破裂による胸腔内出血だったようです。

 これらはどのような病気なのでしょうか。予防はできないのでしょうか。

大動脈破裂とは ~大動脈解離から出血に至った場合~

 大動脈解離から出血に至った場合を大動脈破裂といいます。大動脈解離については、関連記事(「突然発生する急性大動脈解離、救命は時間との闘い」)をご覧ください。

大動脈の模式図
[画像のクリックで拡大表示]

 大動脈は、心臓から横隔膜までを胸部大動脈、横隔膜より下を腹部大動脈と呼びます。大動脈の壁は、内膜・中膜・外膜の3層構造になっています。内膜のどこかに傷ができ、そこから血液が中膜部分を裂くようにして流れ込んだ状態を解離といいます。解離によって大動脈の壁が外膜だけで維持されている状態になり、そこに血圧がかかると、外膜が破れて出血することがあります。破れる場所によっては、胸腔内出血が発生します。

大動脈瘤破裂とは ~ひとたび破裂すると約半数が病院到着前に死亡~

 大動脈瘤は、大動脈の壁が3層構造のままこぶ状に膨らんだものをいいます。大動脈瘤があっても、破裂前にはほとんどの患者が無症状で、ひとたび破裂すると約半数が、病院にたどり着く前に死亡します。運よく生きて病院に到着し、手術を受けたとしても、40~60%の患者が死亡します。胸部大動脈瘤が破裂すると、破れる場所によっては胸腔内に出血します。

大動脈瘤が生じる原因 ~動脈硬化で弱くなった血管壁が血圧に負ける~

 動脈硬化が主な原因といわれています。正常な胸部大動脈の直径は約25~30mmですが、動脈硬化によって弱くなった動脈壁が血圧に負けて膨らむと、その部分の直径が徐々に大きくなります。動脈硬化の危険因子は高血圧、脂質異常症、喫煙、糖尿病などで、これらが大動脈瘤の発生リスクを高めると考えられています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.