日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > 100万人を超えた心不全、死因の上位だが実は4回予防できる
印刷

トピックス

100万人を超えた心不全、死因の上位だが実は4回予防できる

65歳から急増。40代、50代の習慣改善が鍵

 但本結子=21世紀医療フォーラム取材班

息切れ、むくみが起こり、だんだん悪くなり死に至る――これが心不全の怖さだ。心不全の患者数は100万人を超えており、これからも増えると予想されている。ところが、病気の知識を持っていれば、人生で4回予防のチャンスがあるという。2018年12月2日(日)、東京(TKPガーデンシティ御茶ノ水)で行われる市民向け心不全啓発セミナーを前に、心不全はどのように予防できるのかについて、東京大学大学院 医学系研究科 循環器内科学教授の小室一成氏に伺った。

「心不全」予防の第一歩は?

12月2日に、市民向けの心不全啓発セミナーが行われます。40~50歳代から心臓のケアを意識すると、健康寿命が延びるという新しい知識を市民向けにご披露いただけます。セミナーのタイトルにもなっていますが、小室先生は「心不全は4回予防ができる」と繰り返し言われています。これについて、詳しく教えてください。

小室 心不全はあらゆる循環器疾患、特に心臓疾患の終末像です。ただし、心臓疾患や血管疾患になっても必ずしも心不全になるわけではなく、発症するのは一部の人です。では、どんな人が心臓疾患になりやすいかというと、高血圧、肥満、糖尿病、コレステロールが高いといった人たちです。

 逆に言えば、心不全にならないための最初の予防は、良い生活習慣を身につけること。暴飲暴食をしない、塩分を取り過ぎない、煙草を吸わない、運動をして太りすぎないことが心不全の予防の第一歩であり、生活習慣の乱れをなくすことが「0次予防」です。

 ところが食べ過ぎて太ってしまった、塩分を取り過ぎて血圧が高くなってしまった、さらに血糖やコレステロールが高くなってしまったという人は心筋梗塞や不整脈などの心臓病になりやすくなりますが、皆がなるわけではありません。遅すぎることはないので、心臓病になる前に生活習慣を改善すれば良いのです。肥満や高血圧、糖尿病、脂質異常症を少しでも改善し、脳卒中や心筋梗塞にならないようにするのが「一次予防」です。

 しかし、生活習慣の改善が十分できずに心筋梗塞や弁膜症になってしまった、あるいは不整脈が出てしまった場合はどうしたら良いのか。この段階で気をつけなければならないのは、心筋梗塞を繰り返さないことも重要ですが、さらに重要なのが心不全にならないことです。先ほどお話したように、心筋梗塞や弁膜症、不整脈があっても心不全になる人は一部なので、心不全にならないようにすることが「二次予防」です。

セミナーの詳細はこちらから「<a href="https://www.nikkeibp.co.jp/aging/shinfuzen/seminar/18120201/index.html" target="_blank">40~50歳からの心臓ケアで健康寿命を延伸「心不全は4回予防できる</a>」──息切れ、むくみ…100万人が悩む心不全の予防法を名医5人が解説──12月2日(日)13:30~(東京・御茶ノ水)市民向け無料セミナー
セミナーの詳細はこちらから「40~50歳からの心臓ケアで健康寿命を延伸「心不全は4回予防できる」──息切れ、むくみ…100万人が悩む心不全の予防法を名医5人が解説──12月2日(日)13:30~(東京・御茶ノ水)市民向け無料セミナー
[画像のクリックで拡大表示]

1/2 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.