日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > トピックス  > 医師が指摘、「働き方改革」でも日本人の短時間睡眠は解消しない!?
印刷

トピックス

医師が指摘、「働き方改革」でも日本人の短時間睡眠は解消しない!?

日本人は「寝る間を惜しんで努力する」生活を自ら選んでいるのか

 日経Gooday編集部

日本人は眠らない…。OECD(経済協力開発機構)の調査でも諸外国に比べて睡眠時間が短いことが明らかになった。果たして、政府の旗振りによって「働き方改革」が進み、睡眠問題も解決するのか。書籍『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい』の監修を担当した、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所の三島和夫さんに聞いた。

国際的にも際立つ日本人の睡眠時間の短さは、「働き方改革」によって解決できるだろうか。 (c) ximagination – 123RF

「働き方改革」でも睡眠時間は伸びないかもしれない

2011年のOECDの調査では、加盟28カ国中、日本は男性が2番目に、女性が最も睡眠時間が短かったことが明らかになりました(参考記事)。日本では現在、「働き方改革」が進められていますが、これによって睡眠時間は今より伸びるのでしょうか?

三島さん うーん、少しは睡眠時間が長くなるかもしれませんが、それだけで問題が解決されるわけではないと思います。睡眠時間が短いことの原因は、長時間労働だけではありませんし…。

 ただ、例えば電通が違法残業を問われて捜査されたり起訴されたことで、政府が本腰を入れて長時間労働の解消に取り組もうという姿勢を見せたことは評価できます。電通やNHKの事件のように、長時間労働によって追い詰められ、自分ではどうしようもない状況にある人というのは一定数いますから。

 医学的には、短時間睡眠が続けば生活習慣病やうつ病などのリスクが中長期的に高まることがわかっています。ですから、「働き方改革」によって休養の重要性が広まることには大きな意義があるはずです。

睡眠時間が短くなるほど、また逆に長くなるほど相対的な死亡リスクが上昇する。グラフは、米国で1982~88年に30~102歳までの男女111万6936人を追跡調査した結果。6年後に死亡する割合は、6.5~7.4時間眠っている人が最も低かった。(出典:Arch Gen Psychiatry. 2002;59:131-6. 書籍『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい』より)
[画像のクリックで拡大表示]
三島和夫さん監修『疲れをとるなら帰りの電車で寝るのをやめなさい』は、日経Goodayの連載「眠りの超スキル」がベースになった書籍
[画像のクリックで拡大表示]

睡眠不足によって仕事の生産性が下がることも、日本全体ではマイナスだといえるでしょうか。

三島さん それは確実にマイナスです。徹夜したあとに感じるような強い眠気とは違って、慢性的な眠気というのは、本人が気づかなくなってしまうことがあります。本来必要な睡眠時間より短くしか眠れていない場合、それに慣れて、鈍感になってしまうのです。これが慢性的な「痛み」なら、なんとか治療しようと病院に行くかもしれません。でも眠気だと、気づかなくて、取り返しのつかないことになってしまうかもしれないのです。

 自分では普通に働いているつもりでも、短時間睡眠のせいでパフォーマンスが落ちているかもしれない。それによる経済的な損失というのは、日本全体でいうと小さくないでしょう。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.