日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > トピックス  > すい臓がんの早期診断マーカー、国がんが発見  > 2ページ目
印刷

トピックス

すい臓がんの早期診断マーカー、国がんが発見

検査キットも開発、検診への適用目指す

 大下 淳一=日経デジタルヘルス

検診法のない難治がんに挑む

 膵がんは有効な検診が存在せず、早期発見が難しい。進行した状態で見つかることが多く、予後は一般に不良だ。膵がんの補助診断には現在、「CA19-9」と呼ぶバイオマーカーを使っている。ただし早期膵がんへの感度が低いことなどから、検診としての使用は奨励されていないという。

国内多施設共同研究でも有用性確認
[画像のクリックで拡大表示]

 apoA2アイソフォームを単独またはCA19-9と組み合わせて検診に利用できるようになれば、早期膵がんやそのリスクとなる疾患をスクリーニングできる。早期に画像診断などへつなげることで、膵がんによる死亡率の減少につながる可能性がある。

米NCIと有用性確認

 apoA2アイソフォームは、善玉コレステロール(HDL)を形成するたんぱく質だという。健康な人では血液中に一定量存在する。研究グループはこれまでに、apoA2アイソフォームが膵がんや膵がんのリスクとなる疾患の患者において低下することを見いだしてきた。

 今回、米国国立がん研究所(National Cancer Institute:NCI)と共同研究を実施。早期膵がんの検出において、apoA2アイソフォームが既存のバイオマーカーよりも有用である可能性を確認した。

 NCIでは、早期診断バイオマーカーの開発を加速させるための研究プログラム「早期診断リサーチネットワーク(Early Detection Research Network:EDRN)」が進行中。今回、米国の早期膵がん患者(I期およびII期の膵がん計98例)を含む252例の血液を使って、apoA2アイソフォームを測定。早期膵がん患者では、健常者に比べてapoA2アイソフォームの血中濃度が低下していることを確認した。

 CA19-9に比べて高い精度でI期およびII期の膵がんを検出できる可能性も確認済み。これらの結果から、apoA2アイソフォームが膵がんの信頼性の高い血液バイオマーカーになる可能性があるとNCIは評価している。

既存マーカーが反応しない疾患も検出

 検査キットの開発にも既に成功した。従来、apoA2アイソフォームの血中濃度を測る手法としては、質量分析が一般的だった。高価な機器を必要とするため、一般の臨床検査としてはなじまない。そこで今回、簡便に検査できるキット(研究用試薬)「Human APOA2 C-terminal ELISA kit」の作製に成功した。

 国内多施設共同研究で集めた、膵がんを含む消化器疾患患者と健常者の血液検体(膵がん286例を含む計904例分)を、同キットで測定。その判別性能を検討した。

 その結果、CA19-9と比べて高精度に早期膵がんを検出できた。さらに、膵管内乳頭粘液性腫瘍や慢性膵炎といった、膵がんのリスクとなるがCA19-9は反応しない疾患も高い精度で検出できた。apoA2アイソフォームとCA19-9を組み合わせることで、早期膵がんの検出率はさらに向上したという。

この記事は、日経デジタルヘルスからの転載です。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.