日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 老化研究の最先端をビジネスに  > 【PR】NOMONが拓く「楽しく人生を全うする」未来  > 4ページ目
印刷

老化研究の最先端をビジネスに

【PR】NOMONが拓く「楽しく人生を全うする」未来

機能性素材で「健康長寿」の実現を目指す~老化に向き合う会社、NOMON経営者インタビュー~

分野を超えた研究で包括的な老化制御を目指す

ロボットを使ったリハビリテーションなどでは神経や筋力が改善し、脊椎損傷で歩行困難になった人も歩けるようになる例が出ています。ニュートラシューティカルの摂取にも悪いスパイラルを断ち切る効果があると考えられますか。

山名 もちろん、魔法の薬のように、一発ですべてうまくいくというわけではありません。ただサプリメントを併用することでリハビリの効果が高まる、疲れにくくなるといった効果は期待できると考えています。

NOMONは「LIFE IS LONG JOURNAL」というネットメディアを立ち上げ情報を発信していますね。どういう狙いがありますか。

山名 「一般の方にも役立つ情報を知っていただきたい」という思いです。どんなに素晴らしい薬や栄養素があっても、どういう人が、どういう時に摂取すると効果が期待できるのかなど、その周辺情報がなければ全く価値がありません。極論をいえば、薬もそうした情報がなければただの毒なのです。社会全体で健康寿命の延伸やフレイル予防を実現するには、正しい情報を取捨選択し、理解した上で活用するヘルスリテラシーの向上が不可欠です。一部の専門家や研究者しか知らない情報や知識を、一般の方々にもっと広めるのがその一歩だと考え、月に10~15本の記事を配信しています。

NOMONが立ち上げたエビデンスに基づく健康情報を発信するウエブサイト「<a href="https://life-is-long.com" target="_blank" rel="noopener">LIFE IS LONG JOURNAL</a>」
NOMONが立ち上げたエビデンスに基づく健康情報を発信するウエブサイト「LIFE IS LONG JOURNAL
[画像のクリックで拡大表示]

昨年11月、NOMONが発起人となり、明治ホールディングス、島津製作所、帝人、オリエンタル酵母工業の5社で「プロダクティブ・エイジング コンソーシアム」を立ち上げました。どのようなきっかけから連携を決めたのですか。

山名 老化研究の成果の社会実装を目指し、フレイルに対する創薬を行う企業などが集まって立ち上げました。メンバーのうち帝人など4社は、2019年に日本医療研究開発機構(AMED)の医療研究開発革新基盤創成事業に採択された「フレイルの予防薬・治療薬の研究開発」のメンバーです。フレイル薬の研究開発の中では、食品や運動、睡眠など、薬以外のアプローチによる老化抑制に関する様々な知見が生まれることが想定されます。プロダクティブ・エイジング実現のためには分野を超えたコラボレーションが必要なことから、コンソーシアムを作る話が進みました。今では、ライフサポートという観点から、東京海上日動火災保険、ミルテルもメンバーになっています。

 コンソーシアムでは今後、健康寿命の延伸、プロダクティブ・エイジングに関わる情報発信やイベント開催に取り組んでいきます。例えば、「週に1回は食事を1日1食に制限すると健康にいい」「食事の際、うまみスープを飲むと食欲を抑えられる」など、有用な情報はいろいろとあります。科学的エビデンスのある“おばあちゃんの知恵袋”的な情報を提供していきたいと思います。

プロダクティブ・エイジング実現のためには分野を超えたコラボレーションが必要(図=NOMON提供)
プロダクティブ・エイジング実現のためには分野を超えたコラボレーションが必要(図=NOMON提供)
[画像のクリックで拡大表示]

山名さんが描く未来の社会とはどのようなものか教えてください。

山名 ベストゴールは全員が生涯現役となること。健康維持に科学的根拠のあるニュートラシューティカル製品を、誰もが当たり前に摂取するようになるといいですね。そうすれば「いかにも老人」という人は少なくなって、街の風景も変わるでしょう。

 人類はこれまで、様々な病気や感染症を克服してきた歴史があります。壊血病や脚気もそう。一度、やっつけることができれば、その病気が問題になることはもうありません。同じように、いずれ老化という課題も克服できる日が来ることを願っています。

文/小林佳代、写真/稲垣純也、構成/武田京子

山名慶(やまな・けい)氏
NOMON代表取締役CEO 帝人ヘルスケア事業統轄補佐/研究主幹
1971年生まれ。奈良県出身。筑波大学人間総合科学科博士号取得。帝人に入社以来、20年以上にわたり医薬品研究に携わる。2019年、健康寿命の延伸を目指すNOMONを立ち上げる。自らが発起人となり、2019年11月、明治ホールディングス、島津製作所、帝人、オリエンタル酵母工業と共に「プロダクティブ・エイジング コンソーシアム」を設立。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.